Amazonサイバーマンデー開催中!〜12/9mon.

SIGMA 24-105mm F4レビュー!α7Ⅲで使える?→コスパ最高のお得レンズで超オススメ!

先日、以前からずっと買おうと思っていたSIGMAのズームレンズ、24-105mm F4 DG OS HSMを購入しました。
キレのある写りで24mm〜105mmの画角をこれ1本でカバーできるオールラウンダー。

最高です。

この記事では購入に至るまでの動機や作例を紹介したいと思います。

OMG

こんな方に向けて書きました。
  • α7Ⅲで使えるズームレンズを探している
  • マウントコンバーターMC-11を介してのAF性能が気になる
  • 高コスパでかっこいいレンズが欲しい
注意
このレンズ、大きくて重いです。軽いレンズをお探しの方には全く参考になりませんのでご了承ください。

このレンズを装着したことで、ついにぼくのカメラも総重量1500gの壁を突破し、鈍器っぽい見た目になり「腕力でなんとかする時代」に突入しました。

軽いレンズがいいですよね。分かります。

でもコスパが良くて、見た目がかっこいい=ロマンですので。もちろん見た目だけではなく写りもキレキレ。大きくて重いレンズですが、それに見合うだけの価値はあります。
作例も併せて紹介します!

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM基本スペック

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a_24_105_4/より

まずは基本スペックを紹介します

レンズ構成 14群19枚
最短撮影距離 45cm
重さ 885g
フィルター径 82mm
開放F値 F4
画角  24mm-105mm

 

24mm〜105mmをカバーしたいわゆる「標準ズーム」「便利ズーム」と呼ばれるレンズ。解放F値はF4通しとなっています。約900gとかなりのヘビー級です。いつも使っているレンズSEL55f18zは281gなので約3倍。

【レンズレビュー】SEL55F18Z|α7Ⅲに最適化された「標準」単焦点

フィルター径は82mmと正面から見るとかなりの迫力。

α7シリーズで使うにはレンズコンバーター【MC-11】が必要

MC-11

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMはキャノンマウント(EF)、シグママウント(SA)、ソニーマウント(A)の3つのマウントがリリースされていますが、残念ながらα7ⅢのEマウントには直接装着することはできません。

そこでSIGMAからリリースされている「MC-11」というマウントコンバーターを介する必要があります。(AマウントであればLA-EA3というコンバータが必要。さらにAマウントは手ぶれ補正機構がありません)

MC-11にはキャノン用(EF→Eマウント)とシグマ用(SA→Eマウント)の2種類があります。ぼくが購入したのはSAマウントのレンズなので自ずとMC-11もSA→Eのモノ。レンズと本体の間にかませる形です。

メルカリで状態の良い中古を購入しました。価格はレンズとMC-11セットで7万円ほど。中古相場と比較してかなり格安で譲ってもらうことができました。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMとMC-11のパッケージ

純正レンズ「SEL24105G」との比較

実は「24-105mmF4」というスペックはソニーの純正レンズで現在全く同じものが出ています。

発売以来とても人気が高いレンズで品薄状態が続いていましたが、2019年1月現在は在庫がある店舗も増えてきたので、普通に購入できるのですが、およそ13〜15万円ほどとかなり高額。

もちろんGレンズなので性能が良いのは間違いなく、SONY純正レンズですからα7Ⅲとの相性も完璧。この値段が払えるのであれば絶対にSEL24105Gを買ったほうが幸せになれると思います。しかし人気レンズのため中古価格もほとんど下がっていないのが現状。

OMG

純正レンズはお財布にキビシい。

一方24-105mm F4 DG OS HSMは同じ画角、F値でありながら中古であればおよそ7万円と純正のほぼ半額で購入できます。

そしてマウントコンバーターMC-11を購入すればSIGMA製のEFマウント、SAマウントのレンズがα7Ⅲで使えてしまうというおまけ付き。(例外あり)
MC-11が中古で2万円ほどで買えるので、24-105mm F4 DG OS HSM+MC-11=約9万円ほどになります。

ぼくも純正レンズ買う予定でしたよ最初は。でもF4のズームレンズに15万出すなら明るい単焦点欲しいよな。って思ったりしているうちにこちらの動画を発見。海外youtuberの動画ですが、SONY、SIGMA、CANONの24-105mmf4レンズ3本を撮り比べて検証している動画です。


この動画を見た結果

OMG

むしろSONY純正よりSIGMAの方が写りが良いんじゃぁ??

という印象を受けました。(画面越しの写りだけ見れば)

  • 純正レンズに匹敵する描写
  • 純正レンズの約半額の価格
  • 見た目がかっこよくて好み

これらの理由が決め手となりSIGMAのレンズを購入することを決めました。

純正レンズの半額のお値段=実質無料といっても良いでしょう(?)

MC-11を介することでの不安材料

SIGMAとSONYのレンズを比べてみて画質においては純正と引けを取らず、価格面ではSIGMAが圧倒的に優勢なことが分かりました。しかし純正レンズでは無い点で不安材料もあります。

不安その1:AFの速度や性能はどうなのか

SIGMA24-105F4はSONY Eマウントがリリースされていないためマウントコンバーターを介する必要があります。
そのことから、純正と比べてAFの速度などが劣ると考えて良さそうです。

しかし、α7ⅢとSIGMA24-105F4との組み合わせでのレビューはネット上にほぼなく、購入前に詳しく知ることができませんでした。

不安その2:レンズ+コンバータで約1kgという重量

SIGMA24-105F4の重さは881g、MC-11は125gなのでレンズ部の総重量は約1kgあります。そしてα7Ⅲ本体は565gなので総重量は1571g

これまで自分が使ってきたSEL55F18zは281g。本体と合わせて846gだったので一気に700g以上重量がアップ。普段使いにおいてこの700gという重さがどれくらい影響するのかはあまりイメージできなかったのが正直な所。

OMG

じゃあ買って試すしかねーな!

ということでこの2点については使っていく上でどんなものかを検証していくことにします。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMファーストインプレッション

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMとMC-11

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

MC-11

 

中古品ですがかなり状態の良いものを購入できました。レンズ側のリアキャップがなぜかついていませんでしたので別途購入しました。400円くらいなのでまあ良し。
併せてレンズフィルターも購入。82mmと大口径なのでフィルターもその分お高め。安いものでも3000円くらいします。

シグマレンズリアキャップ(シグマ用) REAR CAP LCR-SA II
created by Rinker

SIGMA Artシリーズのレンズデザインは無駄を削ぎ落としたシンプルかつ重厚感のあるデザイン。質感も素晴らしくてプロダクトとしての完成度がとても高いです。

MC-11を介してα7Ⅲに装着するとこのようなルックスになります。

SIGMA 24-105mm をSONYα7Ⅲに取り付けたところ

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMとα7Ⅲ

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMとα7Ⅲ

でかい。

コンパクトなミラーレスのメリットが失われている気がしなくもないですが、『端正なカメラ』から『無骨なギア』にトランスフォームしたような印象。メカメカしく男の子向きです。

OMG

悪くない。むしろ好き。

しかし総重量1.5kgなので、手の小さい方や女性、長時間歩き回る撮影スタイルの方だとそれなりにキツくなってくる大きさ、重さではあると思います。

落下防止策:Peakdesign「クラッチ CL-3」を購入

α7Ⅲのコンパクトなボディに重いレンズを付けるとその分落としてしまうリスクも高まり不安だったのでPeakdesignのハンドストラップ「クラッチ CL-3」を購入しました。

ピークデザインのクラッチのパッケージ

PeakDesignのクラッチのパッケージ2

以下の記事でレビューしていますが、Peakdesignのバックパック、キャプチャー、クラッチを併用することで、かなり取り回しが快適になります。

OMG

このセットで出歩くときはストラップは不要です。

クラッチCL-3を使用すれば重いカメラでもがっちりハンドリングでき、落下するリスクを減らすことができますので、保険として付けておくと安心かと思います。

PeakDesignのクラッチをα7Ⅲに取り付けたところ

ピークデザインのクラッチを取り付けたところ

24-105mm F4 DG OS HSMのAF速度はどう?

個人的に一番気になっていたAFの速度についてですが、結論から言うと「普段使いに全く問題ないレベル」で使えます。

もちろん被写体や撮影環境にもよるでしょうし、あらゆるシーンで使い込んだと言えるほど使用できていませんが、特にストレス無く使うことができました。瞳AFも使えますし、AF速度も遅いって感じではなかったですね。全てのフォーカスエリアに対応しているので、純正レンズと変わらない使用感で撮影を楽しめます。

購入前に試せないのが不安でしたが、ほぼ問題なさそうですね。

MEMO
カメラ本体、MC-11共に最新のファームウェアにアップデートして使用するようにしましょう。

24-105mm F4 DG OS HSMの作例

24-105mm F4 DG OS HSMはSIGMA最高峰のArtシリーズ。キレのある描写には定評があり、国内外での評価も非常に高いことで知られています。

京都市内の東寺というお寺に行って来ました。大きな建造物を撮る際にはやはり24mmの広角側が便利。今まで55mmの単焦点レンズばかり使っていたので、画角のバリエーションが増えて楽しいですね!

RAWデータをLightroomでレンズ補正だけかけています。色は全くいじらずそのまま。

MEMO
クリックで拡大します

DSC03263

DSC03264

DSC03252

DSC03266

DSC03270

DSC03277

DSC03282

DSC03283

DSC03287

DSC03297

発色に関して言えばやはりこれまで使っていたSEL5518fzと比べて落ち着いた印象ですが、いつもはLightroomで色味も編集してしまうのでその点は問題なし。写りはシャープです。24-105の画角をカバーできてなおかつ値段も手頃なのでやはり便利に使えるなぁ!という印象。このレンズを付けっぱなしにしておいて、単焦点を1本持ち歩くみたいなスタイルが良いかなと思いました。

まとめ:24-105mm F4 DG OS HSMは買いか?

【画質】 SIGMAらしいキレのある写り。カリカリの描写が好きな方は気に入るはず。
【外見】 デザインは最高。シンプルでかっこいいです。
【価格】 中古で約7万円、MC-11は2万円/同等のレンズと比べてコスパは良い
【画角】 24mm-105mmは何でも撮れる便利なズームレンズ。これ1本で事足りる事も多い
【デメリット】 開放F4が許容できるか、デカくて重い
  1. 幅広い画角をカバー
  2. キレのある写りが良い
  3. 値段も手頃

3拍子揃ったかなり使えるレンズだと思います!何よりかっこいいんですよね!デメリットは重さとF4通しっていう点くらい。同じ画角で15万円の純正レンズもF4ですし、個人的にはSIGMAの圧勝って感じがあります。

OMG

マジでいいぞ。

α7Ⅲユーザーのみなさんに全力でおすすめできます。
購入をお考えの方はレンズとMC-11のマウントだけ間違えないようにお気をつけ下さいね〜!

α7Ⅲにオススメの周辺機器はこちらの記事をどうぞ

カメラ初心者がα7Ⅲと一緒に購入したアクセサリ類を紹介!まずは最初にこれを買おう!

【おすすめ】Amazonでお得にポイントを貯める方法

Amazonで買い物をするならギフト券に現金をチャージするのがおすすめ。金額に応じて最大2.5%のポイントが貯まり、次回のお買い物に使えます。

OMG

手続きはカンタンです
手順1
Amazonギフト券を購入

Amazonでギフト券(チャージタイプ)を購入します
手順2
現金をチャージ

【コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い】を選択し、コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかでチャージします。
手順3
ポイントを受け取る
チャージした金額に応じて最大でチャージ額の2.5%がAmazon内で使えるポイントとして利用できます。※ポイントは、翌月の中旬頃に付与
現金をチャージするごとに何度でもポイントを受け取ることができるので、頻繁にAmazonで買い物をする方はあらかじめいくらかチャージしておけばお得に買い物ができますね!また、チャージした現金の有効期限は10年となっているので、うっかり失効してしまったということもありません。
Amazonギフト券を購入する

詳しくはAmazon公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です