狭い部屋でもブツ撮りがしたい!デスクを撮影ブースにトランスフォームするアイデア

3 min

外出自粛が続く中で、外に気軽に写真を撮りに行くのもなかなか難しくなっていますよね。

というわけで、家の中でブツ撮りをがんばっていきましょう。

しかしぼくがいつも作業している部屋は家族の物がたくさんあったりで、自由に使えるスペースはデスク周りの約2畳くらい。

omg

omg

ブツ撮りするには正直全然狭いんですよ・・・

で、色々考えた結果がこれです

かなりの力技なのですが、いい感じにできました。いつも使っているパソコンデスクを撮影ブースにトランスフォームさせる作戦です。

ものの数分でサクッと作れますし、デスクの物をどかしてスペースを確保するだけなので、撮影専用のスペースがなくてお悩みの方にはおすすめの方法です。

パソコンモニターはアームに乗せてスペースを確保

はじめにデスクの上のものを出来る限りどかしてスペースを確保します。

パソコンデスク上で一番動かすのが難しいのがモニターですね。これをいちいち持ち上げて床に降ろして・・・なんてやってられませんが、モニターアームに乗せれば自由に動かすことができます。

モニターアームを使う理由は

  • 上下前後に移動でき最適な位置で止められる
  • デスク面に設置していないので掃除が楽

といった具合で、正直メリットしかないので、この機会に全人類がモニターアームにした方がいいでしょう。

omg

omg

最高やぞ?

自分が使っているモニターアームは限界まで伸ばすとほぼ真横まで開くことができます。

真横までアームが可動します

さらにうちの部屋はモニターの左側が凹んでいる形状になっており、この凹み部分に移動させたモニターがピッタリおさまる感じに偶然フィットしました。

omg

omg

ジャストフィット…!

ここまで開いてしまえばモニターのあったスペースがドーンと開くのでブツ撮りなら問題なくできます。

ちなみにうちで使っているモニターアームはこちら。

上記のタイプは在庫がなくなっているためか、めちゃくちゃ高くなっているので、ほぼ同型の以下のものでもOKです。

強度も問題なく、34インチのモニターを乗せてもスムーズに可動してくれます。

34インチウルトラワイドモニターで世界が広がる!【LG34WL750-B購入レビュー】

背景紙を養生テープで壁に直貼り

次に背景をセットします。特にレビュー記事などでブツ撮りする際は被写体の後ろに他のものが写り込まない方が良いので、背景で隠します。

また、単色の背景で撮影することで、被写体のみを撮影できる上、後から編集で切り抜きやすかったりといった利点も。

壁に直で貼り付けます

白い背景は以前の記事で紹介したPVCという塩化ビニール製の背景を使用します。

予算1万円!物撮りのレベルが上がる撮影スタンドと激安ストロボを紹介

PVCは折り目ができないのでシワにならず取り扱いが楽です。ただしロール状に丸めて保管する必要があり、割とかさばるので注意が必要。配送時の段ボールに収納するのが良いと思います。

背景紙は壁に養生テープで直貼りです。養生テープなら剥がした跡が残らないので壁紙を傷める心配は少ないと思います。

光の反射を抑える最強黒背景「ハイミロン」

PVCの白背景と一緒に同じ素材の黒背景も購入したのですが、こちらはストロボや照明の光を反射してしまい、いい感じに撮るのがかなり難しかったので、黒背景は新たに「ハイミロン」という布を採用しました。

ハイミロンはベロアっぽいしゃわしゃわした手触りの化繊で、光の反射が極端に少ないという特徴があります。

その結果、漆黒の背景を簡単に手に入れることができます。

まっっくろです(グレーの部分は裏地です)

ライトを当てても光を吸収し反射しません。

omg

omg

すごい

ですが布なのでホコリが付着しやすく、保管に気をつける必要があります。

ホコリがついてしまったらガムテープやコロコロなどで簡単に取り除けますので取り扱いはさほど難しくないといった印象。

真っ黒な背景ならハイミロンがめちゃくちゃおすすめです!

デスクライトを簡易的な照明として活用

ライティングに関しては自分の中でまだベストな方法が定まっていませんが、なるべく手持ちのものを活用する方向で、いつも使っているデスクライトを流用します。

山田照明のZ-Lightというデスクライトで、デザインもかっこいいしオススメです!

  • 可動域が広く、色んな角度/高さに調節できる
  • 光量コントロール機能付き
omg

omg

ブツ撮りする際のお手軽な光源としてはけっこう優秀です。

これで準備完了です!

作例など

今回紹介したセットを使って撮影した作例を紹介します。
ちなみに撮影している様子はこんな感じです。

三脚があると一つの商品を別角度から同じアングルで撮影できるのでレビュー用のブツ撮りなんかではかなり便利です。

安いものなら数千円から購入することができます。

omg

omg

ハイミロンの黒背景の威力がすごい!

デスク用ライト1本でけっこう頑張ることができるので、さらに照明機材を揃えればもっと良い感じになると思います!

今後も研究していきます。

アイデア次第で狭い部屋でも撮影できる

これまでブログ用の写真は床に置いて撮影してみたりいろいろ試行錯誤しつつうまくいかないことや失敗も多かったのですが、今回紹介した方法は結構良さげな雰囲気です!

工夫次第で限られたスペースでも撮影スペースを確保することができます。

家の中で過ごす時間が多くなっていますが、楽しんでやっていきましょう〜

自宅での仕事をもっと快適に!OMGのデスク環境2020年版

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です