コンパクトで高出力!2ポート搭載充電器・RAVPower RP-PC133レビュー【PR】

2020年4月27日にRAVPowerから次世代半導体「窒化ガリウム(GaN)」を採用した小型・高出力充電器「RP-PC133」が発売されました。

RP-PC133の特徴
  • 最大出力65Wで13インチMacbookProも急速充電
  • Mac純正60W充電器の約半分の大きさ
  • USB-C&USB-Aの2ポート搭載
  • 2つのデバイスを効率よく電力を供給できるiSmart機能搭載

とにかく小さくて軽いのにパワフル。

小さいながらもUSB-CとUSB-A2つのポートに対応しており、特に複数のデバイスを持ち歩く方にとっては荷物を減らせる便利なアイテムです。

今回RAVPower様より実機をご提供いただいてレビューする機会を得ました。実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

目次

RAVPower PR-PC133のスペック/とにかく小さい!

窒化ガリウム(GaN)を採用した充電器を初めて使ったのですが、とにかくその小ささに驚きました。

ぼくは普段MacbookProの13インチモデルをつかっているのですが、純正の充電器は61Wのもので重さは193g。お世辞にもコンパクトとは言えません。

対してPR-PC133は最大65Wの出力でわずか112.5gとハイパワーながら見た目も重さも非常にコンパクトになっています。

プラグも折りたたむことができるので、カバンの中でも邪魔になることはありません。

プラグは折り畳んで収納可

PR-PC133に使われている次世代半導体「窒化ガリウム(GaN)」は、従来の素材に比べてエネルギー効率が高いというメリットがあり、その結果、充電器本体の小型化につながっているということらしいです。

OMGのアイコン画像OMG

ガジェット好きの方にはもうおなじみですね

Mac純正の充電器とサイズを比較するとこのような感じになります。

PD対応のUSB−Cポートから13インチMacbookProへ給電した場合は65Wの出力で急速充電できます。もちろん13インチのMacbookProだけでなく、充電スピードは落ちるものの15インチMacbookProやその他のノートPCやスマートフォンへの充電にも適しています。

各デバイスを0%から100%まで充電した場合の所要時間は以下の通りです。

  • MacBook Pro 15インチ (2018):約2時間8分(20V)
  • iPhone 11:約1時間49分(9V)
  • iPhone XR:約1時間44分(9V)
  • iPad Pro (2018 / 11インチ):約2時間15分(15V)
  • Galaxy Note 9:約1時間46分(9V)

メーカー公称値 ※使用環境によって異なる場合あり

カタログスペック上はこのような数値ですが、実際にデバイスを充電するとどうでしょう?MacbookPro13インチに付属する純正の充電器と比較してみました。

RP-PC133
13インチMacbookPro純正

Macbook側では純正の充電器は60W、PR-PC133は「65W」と認識されます。

MacBookProのバッテリー残量が50%時にテストしました

PR-PC133=48.28W
純正充電器=46.00W

純正の充電器、PR-PC133ともに45〜50W程度の出力で充電できています。

【検証結果】

PR-PC133はMacbookPro13インチ純正の充電器よりも小さい上に同じスピードで充電できる

しかもPR-PC133はUSB-Aポートも備えているので、同時にもう一台のデバイスを充電できます。

充電器はPR-PC133一台でOK!USB-C&USB−A2ポート搭載

出張先やリモートオフィスなど自宅以外で作業する場合、ノートPCと同時にスマホも充電したいといったシーンも多いでしょう。

OMGのアイコン画像OMG

そんなときでもPR-PC133なら1台でOKです。

2ポート同時充電できるうえ、RAVPower独自の充電規格「iSmartテクノロジー」が接続したデバイスを自動で判別、最適な電流で充電してくれます。

PR-PC133の場合は、最大出力である65Wを

  • USB-Cポート側・・・45 or 60W
  • USB-Aポート側・・・5 or 18W

といった具合に充電するデバイスに応じて自動で配分してくれるため、効率的に充電できます。

2ポート同時に充電した場合の出力もチェックしてみました。

USB-CポートにMacbookPro13インチ、USB-AポートにiPhone8つないで充電した場合です。

2ポート同時使用でも出力はほぼ変わらず

Macbookへの給電出力は先程の1ポートでの充電時と同程度だったので、2ポート使用したからといって充電の速度が落ちるといったこともなさそう。

【検証結果】

13インチMacBookProの純正充電器と同等の出力、さらに2ポート搭載でサイズも小さいのでこの2つを比較するとPR-PC133の圧勝と言えます。

13インチMacBookProの純正充電器と同等の出力、さらに2ポート搭載でサイズも小さいのでこの2つを比較するとPR-PC133の圧勝と言えます。

OMGのアイコン画像OMG

小さくてパワフルなので出張や旅行に持っていくなら最高の充電器ですね!

小さくて高出力は正義!モバイル充電器はRAVPower PR-PC133で必要十分

PR-PC133はこんな人にピッタリの充電器です。

  • とにかく荷物を軽くしたい
  • なるべく短時間で充電したい
  • ノートPCとスマホなど複数のデバイスを同時に充電したい

15インチ以上のMacbookProをお使いの方にはフルスピードで充電するには65Wでは少し出力が足りないものの、112gという軽さは65Wの充電器最小クラス。

モバイル用途と割り切って見れば十分実用的と言えるのではないかと思います。

もちろん我が家では13インチのMacbookProの充電器を純正のものからPR-PC133に乗り換えました。
やっぱりコンパクトなのは魅力的です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

PLZ Share!!!

コメント

コメントする

目次
閉じる