はてなブログからWordpressへ移転完了

リスクを取りたいブロガーVSそれを全力で止めたいおじさん

みなさんブログ書いてますか?
このブログも更新頻度は高くありませんが2年ほど続いてます。
自分、今日ちょっと言いたいことがあるんですけどいいスか?

「ブログで稼ぐにはリスクを取らないとダメだ!」

みたいな風潮が(一部で)あるじゃないですか。
その結果「明日からブログで食ってく!」っつって仕事とか大学辞めちゃう。

こういう人の話をたくさん見聞きしてきたんですけど、実際に大成功した人ってどれくらい居るんでしょうか。もちろん成功を収めて活躍している方もいると思いますが、それ以上にドロップアウトしてしまった人の方がはるかに多いのではないかと思います。
実際に「ワイ、リスク取って会社辞める!(ドン!)」みたいなこと言ってた人がいつの間にかブログ更新がストップして、今何してるか分かんないみたいなパターンをぼくはたくさん知っています。

「退路を絶って本気でやれば絶対結果が出る」といった背水の陣、根性論みたいなのも一理あるとは思いますが、何の見通しも無ければ完全に博打ですから、ちゃんと準備をするべきですね。

自分はというと会社員のかたわら趣味の延長みたいな感じで取り組んでいますが少しばかり収益も出ていまして、もっとがんばりたいなーと思いつつもこれまで積み重ねてきた努力に見合った報酬には満足しています。

さて「リスクを取る」とは果たして計画性無く仕事や学校を辞めることなのか。
目指す目標の差こそあれ、結果を出すためには本当に職や学歴を今すぐ手放すべきなのか。

OMG

絶対止めといた方がいいゾ!

と思うのでこの記事で全力で止めます(個人の感想を多く含みます)

ぼくらみたいな凡人は堅実な戦略を取らないと秒で詰みます。
安全第一!仕事(学校)を辞める前に、おじさんの話をちょっとだけ聞いてほしい。

ブログが会社や学校を辞める「口実」になっていないか

一番感じるのがコレ。
わかりますよ。仕事学校しんどいですもんね。

拘束時間も長いし「これは世の中の役立ってるのか?」なんて疑問がわいてくることもあるでしょう。しかし、ブログが仕事や学校を辞める口実になってしまうのは非常にマズいと思います。

やってみると分かりますが、ブログで収益を上げるのは簡単なことではありません。リサーチをして分かりやすくためになる文章を書き、読者の心を動かして・・・

それを「仕事」として継続して取り組もうとするならなおさらです。

Googleの検索結果次第では明日の収益がゼロになる可能性だって完全には否定できない不安定な世界といえます。実際にサラリーマンや学生でブログを書いている方もたくさん居ますし、今すぐ辞めなくても兼業・復業として取り組む方が安定感が増して良いのではないかと。

もちろんブラック企業でひどいパワハラを受けてるとか、そういうケースは今すぐ辞めて転職などを検討するべきですが、
だとしてもいきなり専業ブロガーはリスクが高すぎます。

ブログはリスクが低いことが最大のメリット

そもそもブログやアフィリエイトのメリットは他の副業に比べて「圧倒的にリスクが低い」ことです。

  • 始める金銭的コストが低い
  • 空いた時間で取り組める
  • 仕入れや在庫が必要ない上に利益率が高い
  • 会社や学校で学んだこともネタになる

こうしたメリットを受領する上でわざわざリスクを取りにいく必要性は全くないと思うんですがどうでしょう?

ブログを立ち上げて稼げなくて失敗しても失うものはたかが知れていますし、収益が突然ゼロになっても職さえあれば安全に何度でも再チャレンジ可能です。
大学で学び卒業すれば未来の選択肢が増えます。

「リスクを取る」というブランディング手法

それでもどうしても辞める!という人はすでにリスクを取ったブロガーのバックボーンに注目するべきです。
「リスクを取るブロガー」というのはひとつのブランディングです。

  • 何ものにも縛られず自由に生きる
  • レールから外れて自ら道を切り拓く
  • やりたいことだけをやって生活する

みたいなポジティブなメッセージを発信しててなんだか自由でかっこいい人物像を想像させますね。

が、しかしそういうブランディングが上手なブロガーたちの発信するキャッチーな発言の「表面上だけ」を捉えてマネするとどエライことになります。

重要
上手なやり方はリスクを取る(と見せかけて保険をめちゃめちゃかけておく)ことです。

まずは毎日の生活、そして今後の見通しがほぼ確約されているからリスクが取れるということを理解しましょう。

  • 会社に頼らず食べていけるスキルがあるか
  • 当面生活できる貯蓄があるか
  • 失敗しても頼れる人が居るか

最低限これくらいは準備が必要だと思います。
とにかく丸腰で飛び出さないことです。ほぼ確実に負けます。

武器を手に入れて保険をかけた上でチャレンジしましょう!

7桁ブロガーが専業になったタイミング

前述のtweetが拡散されたおかげで大変興味深いお話を聞けたので紹介します。


ヒトデさん


参考 26歳、仕事辞めました。自分の好きな事で生きていこうと思います。今日はヒトデ祭りだぞ!


ワロリンスさん


参考 WAROCOM


クロネさん


参考 クロネのブログ講座


ブログ書いてる人なら名前を聞いたことがある方ばかり。スゴ腕のブロガー(アフィリエイター)の彼らでさえ、
しっかりした土台があって専業になっていることが分かります。

また、ビジネスパーソンとしてのポテンシャル、希少性も非常に高いと言え、ブログやアフィリでなくどんな仕事をやっても結果を出せるのでは?と感じました。
実際にこれだけの結果を残せる人材が喉から手が出るほど欲しい企業はたくさんあるはず。

OMG

みんなつよい…

何の実績も無いのに丸腰でリスクを取って彼らのように大きく稼げる可能性は果たして何%くらいでしょうか・・・相当難しい話というのはご理解いただけるかと。

現実を見て堅実にコツコツ継続

あたらしいことに挑戦をするにはまず足場を固めてからが鉄則です。
クラウドソーシングでライティングやデザインの業務を受託する、仕事から帰宅したら自宅でプログラミングなどのスキルを身につける・・・
そうやって組織に属さなくとも戦える武器を身につけてからでも全然遅くないんじゃないですかね。

たくさんのブロガーやアフィリエイターが「継続することが難しい」と言っています。
結果が出ない時期も継続して書き続けるには前述した保険がモノをいいます。

ひと様の決めたことですからとやかく言うのはおせっかいと分かっていながら無計画に仕事を学校を辞めても良いこと無いんじゃないの?と思うし、「あの人いま何してるの?」みたいなブロガーをもう見たくない。

しっかり地に足をつけてブログ運営を楽しんでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です