iPad Pro用Magic Keyboardレビュー/iPad Proはタブレット化するPCに

4 min

予約していたIpadPro用のMagic Keyboardが手元に到着しました。

この文章もMagic Keyboardから書いていますが、思った以上に快適にタイピングできてすごいです。

  • シザー式キーボードで打鍵感good
  • トラックパッドはすごく便利
  • iPad Proと一体化したデザインが秀逸
  • 想像以上に安定感がある

かなり重かったり、スマートキーボードフォリオのように折り返して使えないなど、まだまだ完璧とは言えないまでも、これまでのiPad用キーボード以上にクリエイティビティを刺激するアクセサリである事は間違いないと思います。

早速使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

iPad Proは「タブレット化するPC」になった。

これまでにも発売されていたiPad用スマートキーボードフォリオは丸みのあるキーに、ファブリック素材をあしらったもので、良くも悪くも「外部デバイス」っぽさが残るデザインでした。

これはiPadが主役であくまでキーボードはアクセサリの一つとして捉えられていたからではないかと思います。

ですが今回発売されたMagic KeyboardはMacBookと同じくシザー式のキーボードを採用、さらによりPCライクに作業できるトラックパッド、更にはバックライトまで搭載しています。

自分が購入した12,9インチモデルに至ってはフルサイズキーボード。

使い慣れたJIS配列を購入[/caption]

本体に取り付けてみると、佇まいは完全にラップトップのそれです。

AppleはiPad Proを「タブレット化するPC」にしたかったのではないか。と感じました。

iPad ProとMagic Keyboardで1つの完成形になっていて、絵を書いたりApple Pencilメインで使う作業のときには本体から外してタブレットとして使用する。

また、Magic Keyboardは2つに折り返して使用することができない構造です。このことからMagic KeyboardはiPadのアクセサリとしてではなく、

iPad Proの本体の一部のようなポジションにしたいということなのではないかと。

背面のマグネットで浮かせたデザインはただキーボードにタブレットに乗せただけではなく、よりiPadの調和を意識したものとなっており、デザインは非常に満足感の高いものとなっています。

心地よいキータッチ。文章がサクサク打ち込める

Magic Keyboardにはシザー式のキーボードが採用されています。押し心地もしっかりあり、サクサクと気持ちよくタイピングができます。

タブレット用のキーボードとして、より薄を求めるならバラフライ構造のキーボードを採用してもおかしくはないところですが、バタフライ構造は耐久性に難があったり、単純に打ちにくいと言った意見も多い様で、最新のMacBookもバタフライ式からシザー式へとモデルチェンジされています。

Apple的にもやっぱりシザー式キーボードの方が打ちやすいよね。という結論だったのかも。

バタフライ式のペチペチした打鍵感と比較するとやはりタイピングしている感が強いですが、タイピング時の音もそれなりに大きいので静かな場所などでの使用は若干気を使うかもしれません。

バックライトを搭載しているので暗所での作業も問題なし。ライトの明るさは設定から任意の明るさを選択できます。

思った以上に使いやすいトラックパッド

元々トラックパッドを頻繁に使っていなかったのもありますが、iPadがトラックパッドの操作に対応して非常に使い勝手が良いなと感じました。

カーソルの移動やアプリの切り替えなどをジェスチャーだけで行えるのはとても便利。よりPCっぽい操作感に近づきました。

iPadでは単体のトラックパッドも使用できますが、本体とトラックパッドを別々に持ち歩くことを考えれば、やはりトラックパッドがキーボードに内蔵されていた方が確実に便利だと思います。

角度調節もグラつき無く安定する

iPad背面にあるマグネットでMagic Keyboardと強力に張り付くので、かなり安定感があります。そのまま見やすい角度に調節することができるので、野外やカフェといった自宅とは机や椅子の高さが違うシーンでも最適な角度で作業を行うことができます。

iPadが地面から浮いた状態でも作業中はグラつくことなく安定して使うことができます。

ディスプレイの角度を変えることができるので、ビデオ会議や背面カメラでの動画や写真撮影時にも、角度をつけられて便利だなと感じました。

デメリットは「重さ」と「ヒンジの可動域」

Magic Keyboardのデメリットは2つです。

まず一つ目に重さ12,9インチ用Magic Keyboard単体の重さは687g。本体と合計で約1400gととても重いため、少しでも荷物を軽くしたい人にとってはマイナスポイントとなります。

ただしこれはiPadがMacbookとほぼ同じ重さになったということであって、用途に応じてどちらを持ち出すかを選択する形になるだけなのかもしれません。

  • iPad Pro +Magic Keyboard
  • iPad Pro単体+MacBook

荷物の重さが増えるのは歓迎すべきことではないですが、iPad ProがよりPCライクに使えることを鑑みれば許容できるレベルだと思います。

そもそも自分は12.9インチを選択した時点で、重さ、大きさのことはあまり考えないようにしています(調教済み)

omg

omg

IPadで何をするかという用途も変わりつつあるのかも

もう一つは「ヒンジの可動域」です。Apple Pencilを使って絵を書いたり、グラフィックを作成したりする人にとって、背面まで180度折り返せないMagic Keyboardは不便かもしれません。

しかしテキストを打ちファイルに写真を添付してそこにメモを書き込む程度の作業ならばMagic Keyboardを装着したままでも問題無く行うことができると思います。

腰を据えてじっくりイラストなどを書く場合にはiPad本体をキーボードから取り外して作業する必要がありますが、これもiPad Proを「タブレット化するPC」ととらえれば自然な形なのかもしれません。

Magic Keyboardは良くも悪くも「存在感の大きいデバイス」ということが言えます。

iPadに新しい存在価値を与えたMagic Keyboard

iOSのバージョンアップとともによりPCに近い操作感を手に入れたiPad。これまでのタブレットには向かなないとされていた作業もどんどん便利になっています。

そこに登場したMagic Keyboardはタブレットの使い方の新しいスタイルを提案するキーボードだと思いました。

  • iPadと一体化したデザイン
  • 打ちやすいシザー式キーボード
  • 便利なトラックパッド

Magic Keyboardを使えばいつものiPad Proが全く別のデバイスに見えてくるから不思議です。

この記事のテキストは全てMagic Keyboardで作成しましたが、とても使いやすいですし、この使用感が自宅以外のどこでも再現できるというのは嬉しい限り。

価格は4万円オーバーとかなり勇気のいるお値段。Apple信者の踏み絵としてしばらく君臨するでしょう。

ですが、使い心地は本当に極上。素晴らしい出来です。

IPadでテキストを書きたいと考えている方には自信を持っておすすめできます。自分もしばらくはこれでブログ更新したいと思います!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です