はてなブログからWordpressへ移転完了

仕事で同じミスばかりしてしまう人に贈る、シンプルな4つの解決策

どんなに注意していても、誰しも仕事でミスしてしまうことがあります。ほとんどの人は一度失敗したら「次からは気をつけよう」という気持ちが働き、同じ失敗を繰り返す確率は徐々に下がっていきますよね。

しかし、中には毎回同じ失敗をしてしまう人がいます。

自分の部下もそういうタイプでして、何度同じことを繰り返せば気が済むの?と感じたことも一度や二度ではありません。

そんな部下を指導している過程で気づいたことがあります。

OMG

ミスしやすい人は仕事のやり方がマズい。

能力が低いとか、経験や知識が不足しているとかいう以前の問題なんです。

この記事では同じミスばかりする部下を持ったわたしの経験をもとにミスしやすい人の傾向とその改善方法についてお話しします。

こんな人に読んで欲しい
  • なぜか同じミスばかり繰り返してしまう
  •  同じミスが起こる理由を知りたい
  •  仕事のミスを少しでもなくしたい
  • 周りの人よりも仕事を覚えるスピードが遅い

このような悩みを持っている方に向けて書きました。少しでも円滑に仕事が進められるようになってもらえたら幸いです。

①仕事を点で捉えない

同じミスを繰り返す人の特徴として「知識が定着しない」という点が挙げられます。仕事が覚えられない、言われたことをすぐ忘れてしまう。という性格の人がとても多いように思います。

知識が定着しない原因はズバリ「仕事を点で捉えているから」です。

今日これから取り組む初めての仕事が半年後、一年後の自分の知識や経験になります。今日と一年後が線で結ばれているイメージ。一方、点で捉える人は今のことだけを考えて仕事をしているため、今日得られた発見やノウハウが一年後に活かされることがありません。

同じミスばかりしてしまう人の多くは仕事を点で捉えています。注意されたことを次に活かすことができない原因はこれが一番多いパターンです。仕事のレベルというのは必ず階段を上って行くように少しずつ上昇していきます。つまり一段目から二段目に上がったら一段目で起こしてしまった失敗を繰り返してはいけません。同じ失敗をしてしまったらまた一段目に戻って「なぜこうなったか」をしっかり分析して対策する必要があります。

そうして着実に一歩ずつ階段を上っていき習熟度を高めて行きます。一つの業務に対してその場限りの感覚を捨てて、先の目標(=自分の成長)を意識して取り組む必要があります。その場限り(点)の仕事からは未来につながる学びを得ることはできません。

MEMO
今日の仕事は1年後の自分を成長させてくれます。

②自分の起こしやすい失敗のパターンを知る

ミスはいかなる場合も起きるものです。慎重に気をつけていても起きるときは起きる。別の事を考えていてついうっかりしていたり、たまたま体調が悪かったなど体のコンディションによっても起こってしまうのでそれは仕方ないことです。

大事なのは失敗から学ぶこと。そして同じミスを繰り返さないように予防することです。どのようなミスをしやすいのかは全くパターンが異なります。

まずは「自分が失敗するパターン」をできるだけ具体的に把握しましょう。

  • 注意力が散漫で細かい作業でミスが起きやすい
  •  文章よりも数字のタイピングでミスを起こしやすい
  •  忙しくなって作業が立て込むと慌ててしまいミスをする
  • 逆にヒマな時に気が抜けてミスをする

といったように自分のクセや苦手な部分をできるだけ具体的にすることが重要。ミスの起きやすいパターンを自分自身で把握できれば対策することができるようになります。以前に失敗した事案に対して法則を見つけ出すことができるでしょう。

MEMO
あ、これはよく間違えるパターンだ。と事前に把握できていれば楽勝です。

③“自己流”を捨てる

ミスが多い人の特徴の一つに、人の話を聞かない(=頑固な人)という一面があります。既に一流のスキルを持っていれば自己流でも頑固者でも誰も文句を言いませんが、そもそも一流プレーヤーはミスをしません。理由はミスをしないための準備が完璧できているからです。

人の話を聞かない人は、自分のやり方に固執してしまうあまり、自己流の仕事に潜む「ミスの種」に気づくことができません。

また、失敗ばかりしている人の多くは自分の仕事の進め方に対して問題意識を持っていません。「たまたま失敗した」とか「運が悪かった」というように外的要因を探しがちです。それを改善するには自己流のやり方を捨て、上司や同僚の仕事のやり方を徹底的にマネすることが有効です。

ビジネスだけではなく日常生活を送る上でも教えを乞うことが得意な人や、素直に他人の意見を取り入れる人というのは、そうでない人に比べて成長できる人です。ミスの種はルーチンワークに組み込まれている場合がほとんどですので、まずは“自己流”の仕事を見直す。また指摘されたら自分のやり方とは違っても一度試してみる。そうすることで新たな発見が必ずあります。

素直に取り入れることで新しい仕事の進め方、スキルを手に入れることができますよ。

MEMO
素直に上手い人のマネをするのが上達への近道です。

④物理的にアプローチする

頭で覚えていることはあっけないほど簡単に忘れてしまったりします。

「自分は物覚えが悪い」と悲観的になる前に、物理的に記憶させる。シンプルですが非常に効果的です。

  • 一日のはじめに今日のスケジュールを書き出し確認しておく
  • 以前起こしたミスの内容を紙に書き目に見える位置に置いておく
  •  PCの中や書類などの身の回りを整理整頓する

特におすすめなのがデスク周りの整理整頓です。余計な物が視界に入らず集中して作業を行うことができます。机の上や書類の書き方がグチャグチャな人は仕事ができないイメージありませんか?

また、紙にペンで書くことで同じように脳に情報を定着させることができます。ぼくはypadというスケジュール帳を活用しています。

使い方は下記の記事を

忙しいクリエイターにオススメ!最強のスケジュール管理ノート「yPad」を紹介します
MEMO
頭の中だけで処理しようとすると必ずミスが起きます。物理的解決策がとても有効です。

そもそもその仕事は自分に向いていない?!

仕事上の失敗は誰しも起こしてしまうものですが、仕事のミスマッチも疑うべきです。

  • 仕事の難易度が高すぎる
  • 教育体制が整っていない
  • 上司がフォローしてくれない

こうしたミスマッチはしばしば起きやすく、入社してみないとわからないことも多いため、仕方ない部分もあります。
そんなときは思い切って転職を検討してみるの良いでしょう。

おすすめはマイナビエージェント

転職する際はエージェントに登録する場合がほとんどですが、数が多いのでどこに登録すればいいのかわからないという方も多いかと思います。

ぼくのおすすめはマイナビエージェント。大手人材広告企業である株式会社マイナビが運営するエージェントで、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、豊富な企業から選べるのが嬉しいですね。

専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが希望を細かく聞いてあなた合った企業を提案してくれます。

担当者も親身になって相談に乗ってくれるため、自分の希望を伝えてマッチした企業を紹介してくれます。

マッチしない企業での仕事はあなた、会社にとってもメリットはありません。より自分の力を発揮できる企業への篆書をぜひ一度検討してみてください。

自分の力を最大限に発揮できる企業を探す

マイナビエージェント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です