はてなブログからWordpressへ移転完了

この夏買ったものいろいろ【2017】

定期的に「おっ、お金使いたい…!」という衝動に駆られます。無駄遣いや衝動買いはしないタイプですが、欲しい物には即座にお金を使う習性を持っています。

で、最近ちょくちょく買物をするのですが「1個づつレビューするまでもねーな。」という物を1本の記事に纏めてしまおうという趣旨です。

しかし結局長くなってしまったので目次です。

この夏は結構満足感の高い買物ができたと思いますので、気になる物がありましたらチェックしてみてください!

8年ぐらい使った通勤バッグを買い替えた

仕事でずっと使ってたカバンを買い替えました。以前使ってたのはオロビアンコのブリーフケース。

サラリーマンの方には定番のブランドですね。持ち手の所イタリアカラーのリボンがついてるアレです。ぼくは速攻外してしまいましたが。(あれはつけたままが正解なの?)

ここのカバン、すごい丈夫です!仕事でほぼ毎日使いましたが、壊れたりはしませんでした。さすがに汚れたりハンドルが傷んで来たので妻にも「新しいの買いなよ」と言われ。8年使っても修理に出せばまだまだ使えるレベルだと思います。

ただ、荷物が多いタイプでして、マチが狭いブリーフケースだと結構パンパンなんですね。毎日妻がお弁当を持たせてくれます(感謝!)そして自販機でミネラルウォーターを買うのがバカらしいので飲料水(500ml×2本)を毎日持ち歩くのでこれだけで約1.5kg。

手持ちのカバンでは片手が塞がるわ重いわで割とストレスを感じていたので、「次はぜってー2WAY(手持ち+ショルダー)だ!」と思って買ったのがこれです。

f:id:omg-ox:20170815004249j:plain

GIANNI CHIARINI(ジャンニ・キャリーニ)という所のカバンです。正直あんまり聞いた事がないブランドですが、40年くらいイタリアでカバンづくりをしています。女性用のバッグが主力ですが、大振りサイズのモノも。

梅田の阪急メンズ館で購入。(他にブラックとブルーがありました)
※ネットでは同型のものが見つけられずリンクは割愛

クタっとした柔らかいシボ加工のレザーと、明るめのグレーでスーツにも合わせやすくて気に入ってます。このデザインなら私服でも持っても大丈夫。ON/OFF両用。合理的。ナイス。

業種によってはカジュアルすぎるかもしれませんが、僕みたいな仕事なら問題ないです。やっぱり2WAYにしたのは大正解でした!

バッグインバッグで使い勝手をプラス。

こういうタイプのバッグのデメリットとして、「中のしきりが少ない」というのが挙げられます。なのでバッグインバッグも買いました。amazonで評価の高かったリヒトラブというメーカーのモノです。

  • コの字型に開くメインポケット(クッション入り)
  • フタ付きのポケット(大小/マチあり)
  • マチなしのポケット(大小)
  • ペン差し

f:id:omg-ox:20170814224344j:plain

出典:Amazon.co.jp: リヒトラブ バッグインバッグ A7553-4 橙 A5: 文房具・オフィス用品

A5サイズで財布や携帯、家のカギなんか入れてます。カバンの中で整理されて良いです。
明るいオレンジのカラーリングもニクい。全4色。値段も635円とすごい安いのでコスパ良し。(A4サイズもあります)

地ベタに置きたくないシーンでは「バッグハンガー」が活躍

カバンを床にダイレクトに置けないので、持ち運び式のバッグハンガーを。

Clipa(クリッパ)というものです。使い方はシンプルで、取っ手にひっかけてテーブルなんかにバッグを吊るせます。

滑り止め付きでずり落ちを防止。しかも耐過重15kgとけっこうタフ。

使わない時は肩ひもの部分につけておけば邪魔にならないし良いですよね。

こういうのをスマートに使えるとオトナな感じがする(※個人の感想です)

身体を絞りたいので筋トレはじめた

「30超えると代謝が下がって太りやすくなるよ」という迷信だと思っていたことが完全に事実となって自分(特におなかまわり)にふりかかって来たので「これはマズイ。」と思って人生初の筋トレに挑戦中。

とはいえジム行ったりする時間もないので、自宅でエクササイズだ!というわけで定番の「腹筋ぶっ転がしローラー」を買いました。その効果は色んな人が証明している通りで、1000円程度の「棒とタイヤ」にもかかわらず、とんでもない負荷をかける事ができます。

マジでヤバいです。コロコロするだけでお腹がビキビキします(もちろん膝をつかないとできない)そして何を血迷ったのかHEAVYタイプという車輪が小さいやつを買ってしまい、初心者のくせにより高い負荷でやるハメになりました。ツライ。

「コンパクトで置き場所に困らなさそう」という安易な選択をした結果です。

箱にもバッキバキのモデルさんとともに「体感を強烈に鍛えます」の文字。

初日は腕・肩・腹筋が一撃で全滅しましたが、やり方もちょっとずつ分かって来て寝る前にテレビみながらコロコロ。手軽に高負荷。継続が大事。無理せず少しずつやります。

MUJI Laboのスタンドカラーシャツ

久しぶりに“当たり”のシャツを見つけました。無印良品のMUJI Laboというファッション特化のシリーズなんですって。全く存在を知らなかったのですが、フラッと立ち寄って即買いでした。

スタンドカラーシャツです。自分がこういう「エリのないヤツ」を着るなんて全く想像できなかったのですが、試着した瞬間に買いました。色違いで2枚。

f:id:omg-ox:20170815005525j:plain

f:id:omg-ox:20170815005526j:plain

まずはサイズがジャストだったのと、生地にコシがあってラフすぎず上品な印象でとても良かったです。文章では上手く伝わらない気もするので、お近くの取扱店でぜひ。MUJI Laboは通常ラインのアイテムより少し単価は高めですが、ファストファッションのそれとは一線を画すクオリティです。

紳士・婦人カテゴリーごとに同じテーマでそれぞれの見地から開発し、飾り立てるファッションから距離をおいた次のベーシックへの発展を目指します。月ごとに服種のテーマを決め、4ヶ月でワードローブ全体が完成するという形で毎月新鮮さを差し込みます。

とのことで、月ごとに数アイテムずつリリースされていくようです。
定期的にチェックしたいと思います。

MUJI Labo | 無印良品

「この夏の」とかいいながら季節感ゼロでしたが、最近買ったモノの紹介でした。便利で長く使えそうな物にたくさん出会えた気がします!
ジャンルがバラバラですが、何かの参考になりましたら幸いです!
それではまた。

過去の「買ってよかったもの」記事

ニオイが外に漏れない最強のゴミ箱はコレだ!/シンプルヒューマン スリム タッチバーカン プラチナ万年筆#3776センチュリーは“万年筆デビュー”の最適解。 ガチで名機。RICOH GRⅡの魅力を作例とともに紹介します。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です