Adobe CCを最も安く買う方法を紹介!【年間3万円以上コストダウン】

【2020.10.1更新】最新情報 AdobeCC(CreateveCloud)12ヶ月版価格比較
  • 公式サイト・・・72,336円
  • Amazon・・・65,760円(税込)
  • デジタルハリウッドAdobeマスター講座・・・39,980円(税込)

2020.10月現在、AdobeCCを一番安く購入できるのは「デジハリ」のAdobeマスタープランを受講して、学割価格で購入する方法です。

  • 商用利用OK(個人のみ/法人は不可)
  • 社会人でも受講可能
  • 通常版と学生版でのアプリは全く同じ製品
  • Amazonのセール価格よりも低価格

\通学不要・社会人OK/

デザイナーにとって必需品といえるIllustratorやPhotoshopなどのAdobeソフト。
それぞれのソフトを単体で購入しても月々約2,500円。Adobeソフトがすべて使えるCC(creative coloud)コンプリートプランになると月々6,248円となり、年間約7万円もかかります。

正直高すぎますよね・・・?

OMGのアイコン画像OMG

そんなAdobe CCを39,980円(税込)で購入する方法があります。

実は誰でもAdobe認定スクールの学生になれば、学割価格で購入することができるんです

もちろん正規の方法なので安心です。

  • なるべくコストを抑えたい
  • ソフトの使い方も勉強したい
  • Adobe CCを安く買える方法を知りたい

こんな方に向けた内容となっています。

この記事でわかること
  • IllustratorやPhotoshopの定価と販売店ごとの価格の比較
  • アカデミック版Adobeソフトとは何か
  • Adobeソフトを一番安く買う方法
目次

Adobe CCを安く買う条件:Adobe認定のスクールで通信講座を受講する

Adobeでは「アドビスクールパートナープログラム」という制度を設けて、オンラインスクールなどをパートナーとして認定しています。これらのスクールの生徒は通信講座を学ぶことで、Adobe CCを学生価格で購入することができるというわけです。

講座はソフトの使い方はもちろん、デザインの基礎を学べる教材などがセットになっているのでまったくの初心者でも安心です。

通常よりも安く購入できる「学生・教職員個人向けプラン(アカデミックバージョン)」とは

学生・教職員プランとは読んで字のごとく、学生とその学校の講師向けに通常よりも低価格で提供されるプランのこと。

学生に対して販売されるアプリケーションを「アカデミック版(バージョン)」と呼んだりもします。

美大や芸術系の専門学校などの授業で使うAdobeソフトはすべて「学生・教職員個人向けプラン」となっていて、学生・教職員個人向けのコンプリートプランは月々1,980円、年間一括払いで23,760円と通常価格の半額以下となります。

しかしこのプランは学生、学校の教職員向けに用意された特別なプランのため、当然学生と教職員しか購入することができません。そのため、学生向けのAdobeCCを安く手に入れるにはオンラインスクールに入学してしまうのが一番手っ取り早い方法です。

おすすめのAdobe認定スクール→デジタルハリウッド「Adobeマスター講座」

デジハリAdobeマスタープラン

国内有数のデザイン系専門学校、「デジタルハリウッド(デジハリ)」では、Adobeソフトの基礎を学ぶ「Adobeマスター講座」という通信講座があり、Adobe CCコンプリートプラン(12ヶ月版)とセットで39,980円(税込)で受講することができます。

月額約3,300円でAdobe CC(コンプリートプラン)1年分にデザインアプリケーションの講座がついているというプランになっています。

\通学必要なし・社会人OK!/

Adobe Creative Cloudは学割でどれくらい安くなる?価格を比較調査

Adobe Creative Cloudの20以上のアプリがすべて使える「コンプリートプラン」をAdobe公式サイト、amazon、デジハリAdobeマスター講座を購入した場合の価格を比較します。

公式サイトからAdobeCCを購入した場合

Adobe公式サイトから直接購入した場合、年間一括払いで税込み72,336円です。

た定期的にセールも開催されていますが、20〜30%OFF程度の割引となっているため、公式サイトから購入するメリットはそこまで大きくないというのが正直な感想です。

AmazonでAdobeCCを購入した場合

Amazonで12ヶ月のオンラインコードを購入した場合は税込み65,760円(2020年4/8現在)となっています。

Adobe公式サイトよりも安く販売されていますが、それでも6万円台。アマゾンでも定期的にセールなどが行われていますが、定価の20%〜25%OFF程度が割引の上限になります。

ちなみに2019年のAmazonブラックフライデーでのセール価格は47,750円でした。

amazon_sale
2019年11月のamazonブラックフライデーセール時のスクリーンショット

AdobeCreativeCloudはサブスクリプション形態をとっているため、ソフトを使い続けるには1年毎に更新して払い続ける必要があります。

デジハリ「Adobeマスタープラン」経由で購入した場合

デジハリの講座に申し込んで購入した場合は税込み39,980円。

  • 各アプリケーションの使い方などをマスターするための講座
  • 学割価格でも商用利用可能
  • 社会人でも学割が適応

というおまけ付き。

AdobeCCコンプリートプラン【1年間】の価格比較表

購入先総額1か月あたり
Adobe公式72,336円6,028円
Amazon65,760円5,480円
デジハリ39,980円3,331円
OMGのアイコン画像OMG

どう考えてもこの方法が一番安くてお得です。

Adobe Creative Cloudソフトを単体で購入した場合の最安値は?!

Adobe Creative CloudコンプリートプランはAdobeのすべてのアプリケーションを定額で使えるサービスですが、

それぞれのソフトを単体で契約することもできます。主要ソフトであるイラストレーター、フォトショップの単体価格と最安値を調べてみました。

主な販売ルートは以下の3つです

  1. Adobe公式サイト
  2. Amazonやヨドバシカメラなどの量販店
  3. Adobe認定スクール

ここからは単体各ソフト単体プランを安く買う方法を紹介していきます。

Adobe Creative Cloud Illustrator単体プランの価格

Illustrator CC(イラレ)単体プランはAmazonで購入するのが一番安く購入できます

Amazonでの2020年4月現在の価格は26,160円(年間)で、月額2,180円。

一方Adobe公式サイトでは29,760円(年間)で、Amazonのほうが年間で3,600円お得に購入することができます

しかしIllustratorだけだとデザインを作りこむのは難しいです。というのもIllustratorというソフトは、イラストを描いたりテキストを装飾したりといったことは得意ですが、画像の編集などは必要最小限のことしかできません。

Illustratorでできること

  • イラストを描く
  • 図形(ロゴマーク)をデザインする
  • テキストを編集・装飾する

例えば写真と文字を組み合わせて作るポスターなどの制作物の場合、写真の色味を編集したり、複数の写真を合成したりすることが多々あります。

そうした機能を備えているのがPhotoshopです。

Photoshopは単体よりもフォトプランがおすすめ

画像の編集が得意なPhotoshop(フォトショップ)を最も安く購入するなら単体プランではなく「Adobe Creative Cloud フォトプラン」が最安値です。

フォトプランはその名の通り写真に特化したソフトのパッケージとなっています。

フォトプランのセット内容

  • Lightroom CC
  • Lightroom Classic CC
  • オンラインストレージ(20GB or 1TB)

以上がセットになったプランとなっているので画像の補正やRAW現像だけを使うならフォトプランがおすすめです

最安値はAdobe公式サイトで、オンラインストレージ20GBのプランであれば月額1,078円とかなりリーズナブル。ちなみにPhotoshop単体プランになるとオンラインストレージ100GB付き月額で2,178円と割高です。つまりフォトプランにオンラインストレージが1TBが付いたプランと同額という変な現象が起きるため、おすすめできません。

Photoshop単体プランは割高なので、Photoshopのみ使いたい場合もフォトプランがおすすめ

Illustrator単体+フォトプランを併用した場合の合計額

IllustratorとPhotoshop、2つのソフトがあればグラフィックデザインなどのほとんどの業務をこなせる環境が整います。

上記2本のソフトを単体でそろえた場合の最安値は以下の通り。

Illustrator単体プラン=2,180円 + Photoshop単体(フォトプラン)=1,078円=3,258円(月額)

年間にかかるコストの合計は39,096円になります。

ですが、Adobeのすべてのソフトが使えるコンプリートプランを39,980円の学割で購入したほうが確実にお得です。

OMGのアイコン画像OMG

年間884円多く払うだけで、以下のソフトがすべて使えます。

コンプリートプランで使えるAdobeソフト一覧

コンプリートプランで使えるAdobeソフト一覧
  • Photoshop
  • Illustrator
  • Dreamweaver
  • Lightroom
  • Lightroom Classic
  • Premiere Pro
  • Premiere Rush
  • After Effects
  • InDesign
  • Dimension
  • Adobe XD
  • Fuse
  • Animate
  • Acrobat Pro
  • Media Encoder
  • Character Animator
  • Prelude
  • Audition
  • Bridge

グラフィックデザインやwebデザインだけならIllustratorとPhotoshopで事足りますが、コンプリートプランなら動画編集ソフトのPremiereやアニメーション制作ソフトのAfter Effectsなどソフトがすべて使えるため、クリエイティブの幅は確実に広がるでしょう。

幅広くデザインをするならコンプリートプランが絶対におすすめです!

ここまでのまとめ
  • llustrator単体ならAmazonが最安
  • Photoshopなら単体ではなくフォトプランをAdobe公式サイトから購入
  • Illustrator単体+フォトプラン=39,096円(年間)
  • コンプリートプランを学割で買うと39,980円(年間)
  • コンプリートプランがあればあらゆるもののデザインが可能になる
OMGのアイコン画像OMG

65,700円のコンプリートプランが39,980円で購入できるのはAdobe認定スクールだけ

\通学不要・社会人OK/

【よくある疑問】アカデミック版Adobe CCはフリーランスでも買えるの?商用利用はできる?

アカデミック版のAdobe CCは基本的に、Adobe認定スクールの生徒であれば誰でも購入することができます。上記のスクールではAdobe CCコンプリートプランの1年間のライセンスが料金に含まれています。
1年後にライセンスが切れたらまた同じコースを受講することで、アカデミックバージョンを継続することが可能です。

ぼく自身もこの方法でずっと継続してアカデミック版のAdob eCCを使っています。

OMGのアイコン画像OMG

もちろん商用利用することができるので安心してください。

Adobe公式サイトにも記載があります

Q. 商用利用できますか?

A. 基本的に商用利用が可能です。マテリアルや一部機能で使用が制限されている場合があります。詳細は製品に同梱されているエンドユーザー使用許諾書をご確認ください。

学生・教職員個人版 よくあるお問い合わせ

商用利用可能ってやばくないですか?フリーランス(個人事業主)でも学割がきくということなので、正直全フリーランスはたのまな経由でAdobeCCを購入したほうが良いレベルです。

学生・教職員個人版は個人向けプランなので、法人での契約できません。

通常版と学生・教職員個人版でちがいはあるの?

いいえ、中身の違いはなく、Adobe CCすべての機能を使うことができます

1年間のライセンスが切れた後はどうなるの?

改めて講座を受講すれば引き続き利用できます

有効期限が切れてしまったAdobeCCの更新方法

講座を受けたら必ず勉強しないといけないの?

課題の提出や出席確認などはありません

上記の講座にはAdobe CCの各アプリケーションの基本操作などを学べる教材がついているので、これからデザインの勉強を始める方にとってはピッタリの内容です。また、すでにある程度使える方でも教材で改めて勉強してみると新たな学びがあるかと思います。

ライセンスを買えば複数のPCにインストールできるの?

1つのライセンスで2台までインストールできます
1つのライセンスでインストールできるPCはOS問わず2台までとなっています。自宅用のiMacと持ち運び用のMacbookに入れたり、WinとMacに1つずつインストールするといった使い方もできます。

通常より安く購入できるアカデミック版Adobe CCはこんな人にオススメ

学生になることで通常価格よりもかなり割安で購入できるAdobe CC。法人で使えないといった制約がありますが、個人で利用する場合は今回紹介したAdobe認定スクールに入学して購入したほうが確実にお得です。

  • これからデザインの勉強をしたい学生
  • 新しいスキルを学びたい社会人
  • フリーランスで仕事をしている個人

本格的に勉強して将来はデザイナーを目指したいという若い方から、仕事で使う資料をもっと格好良く作りたい、趣味で撮影した写真を加工して楽しみたい、フリーランスで個人利用の範疇で商用利用したいといった用途まで、幅広く使うことができます。

OMGのアイコン画像OMG

学生プラン、メリットめちゃくちゃありますよね!

デザイン関係の仕事でなくてもブログなどで画像の加工をしたいと言う方も多いかと思います。これから挑戦してみたいと言う方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

\通学不要・社会人OK/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

PLZ Share!!!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • お世話になります。
    現在、たのまなを受講しCCを利用しています。
    もうすぐライセンスが切れるため新たにCCの購入を検討しているのですが、
    再度、同じメールにたのまなを受講することは可能ですか?

    • しょじ様>
      コメントありがとうございます。
      たのまなをすでに受講されているとのことなので、期限が迫っている旨のメールが届いていませんか?
      もし期限が切れてしまっても再度受講しなおせばまた学生ライセンスで使用できます。
      その方法は以下をご参考に。
      https://www.omg-ox.org/adobecc_reregistration

      たのまなの窓口にメールで問い合わせるのが確実かと思います。

コメントする

目次
閉じる