Amazonサイバーマンデー開催中!〜12/9mon.

未経験からデザイナーになる!社会人向けデザインスクールの選び方【メリット・デメリットも】

社会人として働きながら「新しいスキルとしてデザインの勉強をしたい」と考えている人は結構いるのではないかと思います。

  • 今の仕事に活かせる分野だからデザインの知識をつけたい
  • 働きながらデザインの勉強をしたい・デザイナーになりたい
  • 今働いているデザイン会社からさらにレベルの高い会社に転職したい
  • 効率よくデザインスキルを学びたい

こうした人たちにとってデザインを学ぶのに最適なのが「通信制のデザインスクール」です。

  • 短期集中でデザインの基礎をマスターできる
  • オンライン学習なので場所・時間を選ばず学べる
  • 独学と違ってやることが明確
  • 卒業後は転職サポートを受けられるスクールが多数

忙しい社会人にとって効率的に学べる環境が最も重要です。

この記事では

  • 独学とデザインスクール のメリット・デメリット
  • 社会人向けデザインスクールの選び方
  • オススメのデザインスクール

をキャリア15年のグラフィックデザイナーが解説します。

数あるスクールの中からあなたにぴったりのデザインスクールを選びましょう!

独学とデザインスクール それぞれのメリット・デメリット

デザインを学びたいと思ったらまず「独学かスクールか」で迷うのではないでしょうか。

はじめに結論ですが、時間とデザインの基礎的知識がなければデザインスクールで学ぶのがもっとも効率がいいです。

15年デザイン業界にいて、いろんな経歴のデザイナーと仕事をしてきましたが、独学でデザインをマスターした人は圧倒的に少数派でした。中には完全に独学でデザイナーになる人もいますが、もともとセンスがずば抜けているとか、 文字通り「死ぬほど努力してきた」とかいう人たちです。

完全に独学で実務レベルのデザインスキルを習得するのはあまり現実的とはいえない。というのが本音です。

はじめにそれぞれのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

独学でデザインを学ぶメリット・デメリット

ネット上にはデザインアプリケーションの使い方を紹介するウェブサイトや動画が 多数アップされているほか、参考書籍などもたくさん出版されています。これらの情報を駆使して独学でデザインを学ぶことができます。

  • 好きな時間に取り組める
  • コストがあまりかからない
  • 無理なく自分のペースで学べる

といったように「マイペース&ローコスト」で学ぶことができるというメリットがある一方で、

  • すべて自分でコントロールしなければならない
  • どの程度のレベルまで到達したかが分からない
  • 相談できる人や仲間ができなくて孤独

といったデメリットがあり、これらは挫折の原因にもなります。

特に全くのデザイン未経験者の場合、独学での学習はさらに難易度が上がります。相談できる人もおらず、正解かも分からないやり方を続けていれば、いつか壁にぶち当たって挫折してしまうのは想像できるかと思います。

デザインスクール で学ぶメリット・デメリット

次にデザインスクールのメリットとデメリットです。デザインスクールには大きく分けて、教室に通う【通学タイプ】と動画学習や講師とのスカイプやチャットなどで自宅にいながら学ぶ【オンラインタイプ】の大きく分けて2種類があります。

どちらのタイプも

  • 専門講師のサポートが受けられる
  • 就職や転職に有利(履歴書に経歴として書ける)
  • 基礎から応用まで着実にステップアップできる

といったメリットがあります。

社会人向けのスクールだと、1ヶ月から長くても6ヶ月ほどのカリキュラムが組まれており、 専門学校や大学と比べて短い期間で集中して学ぶという特徴があります。

OMG

個人的には専門学校に通うよりも断然おすすめです!

デザインスクールは独学とは逆の「ハイペース&ハイコスト」といえますね。

また、卒業後はそのまま転職、就職サポートがあるスクールも多く、デザイナーとしての即戦力を身につけるという部分に重きをおいているのが特徴です。

スクールのデメリットは

  • 受講料がかかる
  • 拘束時間(スクールに通う、課題の締め切り)が発生する
  • あらかじめ期限が決まっている

などです。

仕事の合間にスクールに通ったり、課題をこなす必要があるため、上手に時間をやりくりしなくてはなりません。

MEMO
社会人との二足のわらじなので、忙しいですが、着実にレベルアップできます。

社会人向けデザインスクールの選び方のポイントとは?

社会人にとって、デザインスクールに通う目的は

  • 別業種からデザイナーへ就職
  • すでにデザイナーだけどスキルアップして別の会社へ転職したい

がほとんどだとおもいます。

数あるデザインスクールの中で、希望に合うスクールを選ぶポイントとはどのようなものでしょうか。

デザインスクールの選び方1:卒業生の実績で判断する

スクールのwebサイトでは卒業生のインタビューなどが掲載されています。 このスクールでどんなことが学べるのか、卒業生の就職先はどんなところか、 あなたのやりたいことにマッチしているかなど、公式サイトから判断できることも多いのでチェックしてみましょう

さらにtwitterなどのSNSで学校名を検索し、在校生、卒業生のリアルな声を聞くのも一つの判断基準になります。

デザインスクールの選び方2:即戦力スキルを習得できるか

デザイン業界へ就職や転職を目指すなら「即戦力レベル」を目指さなければいけません。 でも何をもって即戦力というのががわかりにくいですよね。

そんな時は講師陣やカリキュラムをチェックしましょう。

現役のデザイナーや実務経験者が講師を務めているスクールでは、講義内容意外にもリアルな現場の声を聞くことができます。注意したいのは一昔前のトレンドを教えていたり、初歩レベルの技術しか得られないといったスクールもあるという点です。

デザインの世界は常にトレンドが移り変わる業界なので、最新トレンドを取り入れたカリキュラムになっているかというのはかなり重要なポイントになります。

いざ転職活動をしてみたら「あれ?デザインがちょっと古いね・・・」とならないように、しっかりとスクール選びをしましょう。

MEMO
スクールで教えてもらう以外にも、日頃からデザイントレンドをチェックして新しい情報を吸収していくことはとても大切なことなので、日々研鑽を忘れないようにしたいです。

デザインスクールの選び方3:サポート体制、就職・転職のバックアップがあるか

スクール卒業後はその後のキャリアについてサポートしてくれたらいいなと思いませんか?

ただ技術を教えるだけではなく、卒業後の就職、転職支援を行なっているスクールは少なくありません。デザイン業界に就職・転職を目指すのであれば、バックアップ体制が整っているところがオススメです。

カリキュラムの質はもちろんですが、しっかりサポートしてくれるスクールを選ぶと安心ですね!

デザインスクールの選び方4:通学かオンライン講座か

冒頭でデザインスクールには【通学タイプ】と【オンライン講座タイプ】の2種類があると書きましたが、

どちらを選ぶかはあなたの現在の状況で判断しましょう。

通学が必要なスクールであれば

  • 職場から教室までは通える距離か
  • スクールの学習スペースは夜遅くまで空いているか
  • 教室や生徒の雰囲気はどうか

教室に通うタイプのスクールは平日の夜や週末に講義を受けられるかがポイントです。

大都市に集中しているので、地方在住の場合は選択肢が少ない傾向にあります。近くにスクールがない地域にお住いの方は、オンライン学習タイプのデザインスクールを選択することになります。
でも安心してください。オンライン学習といっても通学タイプのスクールに引けを取らない充実した環境が整っています。

オンライン学習のスクールは全国どこからでも受講できるのでおすすめです。

オンライン学習のスクールを選ぶポイント

  • ネットの評判は良いか
  • サポート体制が整っているか
  • カリキュラムは納得できる内容か

ネット環境さえあればいつでもどこでも本格的なデザインを学ぶことができるオンライン学習のスクールは、その手軽さも手伝って人気が高まっています。

教室の場所などを確保しなくて良いため通学タイプのデザインスクールと比較して、値段が安い傾向にあります。

オンライン講座の授業スタイル
  1. ライブ授業・・・ネットでリアルタイム配信を使っておこなう授業
  2. マンツーマン授業・・・ビデオ通話やチャットを使い講師とマンツーマンで受ける授業
  3. オンデマンド授業・・・動画教材を使って学習する授業

などがあり、これらの授業スタイルを組み合わせて学習していく流れが主流となっています。

一方で講師と対面で接することがないので、カリキュラムの内容やネット上の評判などを調べて判断する必要があります。

次の章では、カリキュラム内容、評判が良いスクールを紹介します。

オンラインタイプのおすすめスクールだけチェックしたい方は「こちら」からスキップできます

【通学タイプ】社会人向けおすすめのデザインスクール3選

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

Web業界で知らない人はないないであろうweb制作会社が、株式会社LIGです。

そのLIGがこちらも国内有数のデザインスクール「デジタルハリウッド」とタッグを組んで 創設したWebデザインスクールが【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】です。

内容が悪い訳ありませんよね。個人的には最強タッグだと感じました。

Web制作会社が運営しているため、最先端のトレンドを交えた実務レベルの技術を学ぶことができます。 もちろん講師も現役のwebデザイナーです。
テキストだけではなく、普段プロのデザイナーが現場で使っているスキルを身につけることができるのは 非常に魅力的と言えます。

受講生はLIG運営のコワーキングスペースが使い放題となっているので、空いた時間にもこうしたスペースを活用して自習することができます。

  • コンサルタントによる手厚い就職支援
  • 未経験からWebデザイナーに転職したい
  • フリーランスとしてさらなるスキルアップを目指したい

首都圏エリアにお住まいの方には本気でおすすめできるスクールです。

まずはWeb説明会に申し込みましょう。無料説明会が実施されているので、現場の雰囲気や授業内容について納得がいくまで質問することができます。

無料説明会に申し込む

TECH::EXPERT(テックエキスパート)

プログラミングスクールTECH::CAMP(テックキャンプ)は、これまで1万人以上が受講したプログラミングスクール。

その上位クラスとなるのがTECH::EXPERT(テックエキスパート)です。

未経験から10週間でプロのデザイナーを養成することを目的にしています。

  • 教室とオンラインの両方で週7日、1日11時間以上、質問し放題の環境
  • 600時間をかけて基礎からプロデザイナーに必要な知識、スキルを網羅
  • 専属トレーナーが学習計画を作成し二人三脚でサポート

専属のキャリアアドバイザーによる転職サポートはもちろん、転職後3年間はキャリア相談が無料

多くのデザインスクールは「転職サポート」を売りにしていますが、TECH::EXPERTでは「教育力・スキルアップ」に重点をおいています。

それまでの経歴や学歴ではなく、しっかりと技術を付けることでプロのデザイナーへステップアップすることがでるきため、30代でも受講が可能です。

デザイン業界はスキルがものを言います。スキルが高ければ年齢は重要ではありません。600時間とかなりのボリュームですが、本気でレベルの高いデザイナーを目指すのであればTECH::EXPERTがおすすめです。

まずは公式サイトから申し込める無料カウンセリングで授業の雰囲気や教室の様子、不安に感じている部分を質問して解消することができます。

TECH::EXPERT無料カウンセリングを申し込む

KENスクール

東京(新宿・池袋・北千住)・横浜・名古屋・札幌の6箇所に教室を構えるのが 「KENスクール」 です。

知名度は有名スクールにはおとりますが、KENスクールの強みはなんといっても「開校30年の実績」です。

KENスクールは、パソコンスクールのパイオニアとしても知られ、現在では当たり前となっている「個別指導」や「現場指導」を導入したのもKENスクールが最初ともいわれています。

30年間業界のトップを走り続けてきた老舗スクールなので、求人企業からの信頼も厚く、専任のキャリアアドバイザーが卒業後もあなたのキャリアプランをサポートしてくれます。

【オンラインタイプ】社会人向けおすすめのデザインスクール3選

CodeCamp(コードキャンプ)

Webデザイナーやwebエンジニアを目指すならCodeCamp(コードキャンプ)がおすすめです。

これまでの受講者20,000名以上、新聞や雑誌などにも取り上げられた実績No.1のオンラインスクールです。

  • マンツーマンだから自分のペースで確実に習得できる
  • 現役講師から実践的なスキルを直接学べる
  • 365日/7時〜24時迄、時間と場所を選ばずに学習できる
  • 就職/転職やキャリアについての相談が無料でできる

など、現役講師陣によるマンツーマン指導、就職・転職の無料相談といった手厚いサポートが魅力。

[【デザインマスターコース】ではIllustratorやPhotoshopといったデザインアプリケーションはもちろん、 HTML、CSS、Javascript、jQuery、Bootstrapを学ぶことができます。

このコースでwebデザイナーに必要なスキルを一通り身につけることができますね!

この他にもRubyやPython、Javaといったプログラミング言語を習得するコースもあり、 Webエンジニアへのチャンスも広がっています。

経験談ですが、「デザインができるエンジニア」「プログラミングができるデザイナー」といったように複数の専門領域をカバーしている人材はとても貴重でなので、就職でもかなり有利です。自分に必要なレッスンを6ヶ月間受け放題で受講できる「プレミアムプラス」は人気No.1のコースとなっています。

デザインをベースにプログラミングを追加で学び、レアな人材になるだけで転職市場でのあなたの価値は跳ね上がります。

さらにCodeCampでは無料体験レッスンを実施しており、体験レッスンに参加すれば受講料が1万円引きになるキャンペーンをおこなっているので、体験レッスンを受けない理由がありません。
もちろん体験レッスンはオンラインビデオ通話で実施されるので自宅で受けることができます。所要時間は約40分間となっているので、実際の授業の雰囲気を確認しつつ、1万円分のクーポンをゲットしましょう。

体験レッスンの申込みは下記のリンクから申し込むことができます。

無料体験レッスンを予約する

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)はより実践的なwebデザインを学ぶことができるスクール。

オンライン上で学習、課題作成、チャットでの質問、パーソナルメンターとのメンタリングを繰り返し行って、短期間でのオリジナルWebサイトの作成を目指します。

最終的にはあなたのアイデアをデザインしたオリジナルWebサイトを実際に公開するところまでを学ぶことができます。

  • 現役Webデザイナーによる週2回のマンツーマンメンタリング
  • 毎日15時〜23時のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
  • 転職サポート付き

TechAcademyには最短4週間で集中して学ぶコースが用意されています。料金は139,000円。

短期間で集中してスキルアップできるのである程度まとまった時間が取れる方は短期コースで一気に学んでしまうのもアリです。

また【Webデザイン】+【Webマーケティング】、【Webデザイン】+【WordPress】といったwebデザインに関連するコースを複数受講できるセット割があるので、デザインだけでなく、付随するスキルを深めたい方はセットコースも検討するとよいかと思います。

MEMO
2つ以上のコースを受講すると、1つあたりの受講料が割引になるのでお得です。

受講後は、「TechAcademyキャリア」で転職サポートを受けることができます。このサービスは受講生限定で、もちろん利用は無料。専門のコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

OMG

スキルアップと転職までワンセットになっている点も、とてもありがたいですね!

TechAcademy(テックアカデミー)公式サイト

デジハリONLINE

デジハリONLINEは、全国に教室を持つデザインスクール「デジタルハリウッド(デジハリ)」が運営するオンラインタイプのデザインスクールです。

デジハリは設立から約25年、卒業生は約9万人にのぼる日本有数のデザイン系の専門学校なので、名前をご存知の方も多いかと思います。有名なスクールなので、まず安心感がありますよね。

学べるコースはグラフィックデザインやWebデザインはもちろん、3DCG・映像やアナログスキルといった他のオンラインスクールにはないコースも用意されているので、こうした分野に興味のある方はデジハリONLINEがおすすめです。

前述のTechAcademyと同様、デジハリONLINEにも受講生限定の求人検索サービス 「Job Style Search(ジョブスタイルサーチ)」があり、卒業後のサポートも充実しています。

求人を出す企業側にとってもデジハリの卒業生というだけで安心感があるのかもしれませんね。

社会人に最適なデザインスクールの選び方まとめ

この記事で紹介した以外にもたくさんのデザインスクールがあります。たくさんあるので迷ってしまいますが、選び方のポイントとしては以下のとおりです。

  • 通える場所に住んでいるなら通学タイプのスクール
  • 価格を抑えたいなら通学よりもオンラインスクール
  • 学習に充てられる時間によってスクールの期間を決める
  • 転職サポートや求人企業は充実しているか
  • 実務レベルの技術が学べるか

多くのスクールでは無料の相談会を開催しているので、 まずはこうした相談会に参加して納得がいくまで検討を重ねましょう。

決して安い金額ではないですが、 デザイナーになりたいのであればスクールで学ぶのが最短ルートです。

ぜひあなたにぴったりのスクールを見つけてください。 この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です