Zeiss Batis2/25が最高すぎるんで褒めちぎっていきたい #カメクラの沼カレ2019

カメクラが沼へ誘うアドベントカレンダー、本日の担当はわたしです。

【3rd Roll】カメクラが沼へ誘う Advent Calendar 2019

沼っぽい記事を書きたくて、何書こうかなぁ?と考えた結果、今年購入した1本のレンズを紹介していこうと思います。

Zeiss Batis 2/25です。

Batis2/25を手に持った画像

OMG

最初に不謹慎なことを言います。

このレンズを買った理由は「見た目がかっこいいから」です。

もうはちゃめちゃにかっこいいんですよ!!!!

レンズフードを外したBatis2/25

レンズ単体でも良し!

α7Ⅲに付けたBatis2/25

α7に取り付けても良し!

Batis2/25の有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイも良し!

自分が道具に求めるのは「使っていてテンションがアガるかどうか」なのですごく性能が良くても見た目が悪ければ使いたくないし、スペックが低くてもかっこよければ使いたい。

カメラなどの機材に限らず、それは自分の中のルールみたいなもので、買い物をするときの譲れない基準となっているのです。

Batis2/25は「見た目」と「性能」その両方を高いレベルで満たしてくれるレンズ。

レンズ本体、そしてα7のボディとのバランスが「ブツ」としてすでに美しい。

Batis2/25とα7Ⅲの全体像

α7Ⅲに取り付けたBatis2/25

OMG

こんなカメラ振り回してたらそりゃあ最高の気分じゃないですかね?

一点の曇りなく「良い買い物をした」と言えます。

とはいえわりと高いレンズなので中古で購入しました。中古で買えば10万円ほどで手に入るし、さらに出番の少ない機材を下取りに出したり色々やるとだいたい実質0円と言っていいでしょう(常套句)

  • スムーズかつ無音のAF
  • こってり、しっとりの描写
  • 広角で動き回る子どもも撮りやすい
  • 寄ってもOK
  • 見た目がかっこいい
  • 見た目が超かっこいい
  • 見た目がとにかくべらぼうにかっこいい

基本的に良いところしかありませんので、もうとりあえず以下のリンクから購入してもらって、あとは読まなくても大丈夫です。

このレンズ、Eマウントなのでカメラもどうぞ

でも一応色々書いておいたので読んでください(お願いします)

Batis2/25外観とスペック

Batis2/25のレンズ面拡大

  • 重さ:335g
  • フィルター径:67mm
  • 最短焦点距離:約20cm
  • F値:f/2 – f/22

カタログスペックはこのような感じになっています。いつも動き回る子どもの写真を主に撮影するので25mmの画角はとても便利です。幼児にはフレームインという概念がないので。

オートフォーカスも早い上に、ものすごく静か。ほぼ無音といっていいです。もちろん瞳AFもバシバシ決まります。

重さは335g。バッグを持たずにカメラだけ持って出かけるなら軽い方がいいでしょう?最近はもっぱらコレ1本で出かけることも多いです。

さらに最短焦点距離は約20センチと結構寄れます。画角が広すぎるならクロップモードで撮ってしまえば良いですし、かなり汎用性の高いレンズなんです。

マウント部分にはZEISSブルーのシーリングが。

Batis2/25の防塵防滴シーリング

OMG

いちいちかっこいい。

金属製のボディ、シーリングによる防塵防滴仕様で少々の悪天候でも安心感があります。

Batis2/25のゴム製ピントリング

ピントリングは珍しいゴム製。トルクは軽すぎずホールド感もあって回しやすいと思います。何よりピントリングに凹凸がないので、Batis特有のつるっとしたデザインを邪魔しません。

レンズ本体のデザインもしっかり考えられているのがポイントが高いですね。

有機ELディスプレイだってついてますよ?

Batis2/25の有機ELディスプレイ(拡大)

ここにはピントを合わせた被写体までの距離、そしてその前後の被写界深度が表示されます。スナップ撮影などでは必要ないかと思いますが、シビアにブツ撮りなどをする方ならなかなか便利な機能なのでは?

OMG

なによりロマンがある
  • 最短焦点距離20センチで結構寄れる
  • 335gで軽くて良い
  • 防塵防滴仕様
  • ゴム製のフォーカスリング
  • 有機ELディスプレイ搭載



Batis特有の凹凸のないデザイン

Batis2/25とSONYα7Ⅲ

カメラレンズってピントリングやレンズフード、各種の目盛りやボタンなど、基本的に凹凸があるのが一般的ですけど、Batisはつるんとしてるんですよね。

レンズの先端はわずかに広がった形状になっていて、レンズフードをつけると本体とフードが一体化するデザインとなっています。

レンズフードを外したBatis2/25
レンズフードを装着したBatis2/25

OMG

か、かっこよすぎない….!?

それでいて操作しやすいし軽いしよく写るという意味わからん仕上がりです。

設計者(凸凹なくしたいマン)の並々ならぬこだわりが感じられます。本体こうしたデザインの細かな部分は気にしないよという方がほとんどかと思うのですが、自分はグッときてしまうんですよね。

OMG

「神は細部に宿る」的な良さがあります

Batis2/25作例:ZEISSらしいコントラストとしっとり感

カタログ上は25mmF2とそこまで飛び抜けたスペックではないレンズなのですが、やっぱり描写力が気になりますよね?

そこはZEISS。完全に良いです。

ZEISSのレンズは、FE55f18zも所有していますが、BatisもZEISSらしいコントラストの高いレンズです。さらに「しっとり感」を感じるやさしい描写。

普段は子供達ばかり撮影しているので、ブログに載せれないものも多く作例が少なくて申し訳ないんですけど、いくつか紹介します。

注意
クリックで大きな画像が開きます。モバイル環境でご覧の方はご注意ください

DSC06790

DSC06196

DSC06229

DSC06132

DSC06207

DSC06243

DSC06833

DSC06728


DSC07001

お気に入りの一枚。

思いっきり逆光ですが、撮って出しでこの解像感はかなりのもんだと思う。

こういうのを狙って撮れる腕前がないのが悔やまれるところですが、たまにこういうハッとする写真が撮れるのがカメラの面白いところでもある。

DSC08500

口径が大きいので周辺減光は結構ありますが、個人的には好きです。

DSC06503

DSC06209

寄りも引きも何も考えずにバシバシ撮れるので楽ちんでいい!今レンズを使うまで広角レンズって「風景とか撮るやつでしょ?」みたいなイメージがあったのですが、24mmあたりなら普段使いのスナップ用としてもとても使いやすい画角だと思います。

Batisはいいぞ!

Batis2/25全体像

いくらネット上の誰かが書いたレビューを読んでも実際にカメラにつけて自分で撮らないと良し悪しは判断できません。が、しかしBatisシリーズは弱点が少ないのは間違いない事実。

イマドキiPhoneだって相当綺麗な写真が撮れますし、わざわざ高いカメラやレンズを買う必要ないという意見もわかります。特にお子さんの成長や旅先のスナップなんて記録ですし、そこに上手いとか下手とか機材がどうこうとかまったく関係無いです。

カメラの取り付けたBatis2/25

趣味なんで好きなカメラで好きに撮ったらいいんですよ。そんな感じで来年も子供達を撮り続けていると思います。


ここまで読んでBatisの写り試したいな?って思っちゃいました??いきなり買うのはかなり勇気がいると思うのですが、レンタルサービスを利用すれば、1日からレンタルすることができます。購入前に実機で試しどりしたいという場合には良いサービスだと思います。詳細は以下のリンクからどうぞ。

Batis2/25をレンタルする

ぼくはお金たまり次第、Batisの40mm買う予定です!こっちゃもめちゃくちゃ良いらしいんで!2020年も「かっこいいレンズ沼」にどっぷりつかっていきたいと思います。

お知らせ:12月はカメラクラスタの記事が毎日読めるよ!

「カメクラが沼へ誘う Advent Calendar 2019」はカメラクラスタが沼っぽい記事をアップしていく企画。毎日3本ずつカメラに関する記事が読めます。本当は1日1本の予定が参加者が多すぎて3Rollにまで発展。1ヶ月で90本ですよ?

OMG

かなりクレイジーやね。

まとめページは以下のリンクからどうぞ

ぼくが担当した【3rd Roll】昨日はα7仲間のはぴこさん(@HappyTravelerwK)のこちらの記事

私とフィルム。 #カメクラの沼カレ2019

明日は「たけさんぽ」のたけしさん(@_takesanpo)です。お楽しみに!

評価
投稿日
紹介した商品
ZEISS Batis2/25
評価
51star1star1star1star1star

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です