はてなブログからWordpressへ移転完了

カメラ初心者がα7Ⅲと一緒に購入したアクセサリ類を紹介!

先日注文したSONYのカメラ、α7Ⅲが早速届きましたっっ!!
SONYストアのサイトのラベルが「入荷次第出荷」になってたのでもっとかかるかなぁ?と思ってたんですが、予想以上に早かったですね。だいたい注文から1週間くらいで手元に届く感じです。

控えめに言ってテンションブチ上がりです!

届いたその日はコーフンしてたのかなぜか朝4時くらいに目が覚めてしまったので
夜明けにあわせて写真を撮りにいきました。

市場です。
日曜日だったので多くのお店が閉まっていましたが、なかなかカオスな雰囲気でした。個人的にごちゃっとしてて情報量の多い写真が好み。α7Ⅲみたいな「いいカメラ」だとレンズキットのレンズで、一眼レフ触ったことがないぼくでもバシッとこんな感じで撮れる。

すばらしい。

操作方法とかはまだまだ分かってないですが、その辺はノリでなんとかやっていきましょう。
本を買って勉強中です。

作例とか撮影の話はまたの機会にするとして、
今回はカメラと一緒に購入したものを紹介します。

こんな方に向けて書きました

  • 初心者なので何買ったら良いか分からない
  •  すぐ撮りにいける必要最小限のものが欲しい
  •  使いやすくてデザインがかっこいいモノが欲しい

というような主旨です。本当に必要最小限ですが、これらがあればすぐに撮影に出かけることができます!また、本体を買ってスッカラカンの金欠のため、現段階ではアクセサリ類にできるだけお金をかけずに徐々に買いそろえたいなって感じです。

メモリーカード

まずは撮影した写真を保存するメモリーカードがないとはじまりません。各メーカーから色んな種類が出ているのでとても迷ってしまいますが、ぼくはズバリ値段が安いやつにしました。

α7ⅢはUHS-Ⅱという規格のメモリーカードに対応しています。従来型のUHS-Ⅰとの違いはカメラからカードへのデータ転送速度。
UHS-Ⅱの方が転送速度は上ですが、UHS-Ⅱのメモリーカードはめちゃくちゃ高い!!

128GBで25000円ぐらいします。
ヤバすぎでは?

もちろん従来規格であるUHS-Ⅰのカードを購入したのですが、撮影中のラグは気になりません。おそらくUHS-Ⅱを必要とする方は連写で大量に撮るとかそういう使い方をする人向けかな?という感じ。

UHS-Ⅰで十分だと感じました。

ぼくはsundiskの海外リテール品を購入。64GBで3690円。これで十分です。ちなみにα7Ⅲはカードスロットが2つあるので予備としてもう1枚入れておいけばさらに安心ですね。

レンズフィルター

次にレンズフィルター。レンズのガラス面がむき出しの状態ですから、レンズの表面(前玉)を保護するためにフィルターを購入しました。

高いですからねレンズ。ぶつけて傷がついたら大変ということで。レンズフィルターもピンからキリまであるのですが、ぼくがチョイスしたのはKenkoのレンズフィルター。1000円ちょっととリーズナブルですし、これでレンズが保護できるなら安いもんですね。

注意
レンズ径を確認して合ったサイズのものを購入しましょう。

α7Ⅲのレンズキットについているレンズ「SEL2870」のレンズ径は55mmですので、お間違いなきよう。

液晶保護フィルム

液晶部分も保護フィルムを。こちらもレンズフィルターと同様、kenkoのものにしました。理由は安かったからで、特にこだわりとかはありません。スマホにフィルムを貼るよりも簡単。画面小さいですしね。800円ぐらい。

箱から出してすぐにレンズフィルターを装着し液晶フィルムを貼りました。
大事に使いましょう。

ブロアー

カメラにホコリやチリが大敵。野外では目に見えない細かい砂も舞っていますし、こうした見えない汚れからカメラを守るためにアレを買いましょう

OMG

シュポシュポするやつ!

今までシュポシュポと呼んでいたのですが、正しくは「ブロワー」と言います(そうなんだ)。これもいろんなメーカーからたくさん出てるのでどれが良いかなーと思ったのですが、色々調べた結果やっぱり重要なのは「風圧」とのこと。で、これにしました。

  • 自立するので邪魔にならない
  • 風圧が強くてハイパワー
  • ロケットのようなかわいいデザイン

ブロワーって形状的にコロコロ転がってしまうものが多いと思いますが、こいつは下の部分に羽根が付いているので自立します。机の上に立てておけば邪魔にならないので便利です。

妻は「あの手榴弾みたいなの何?」って言っていましたが、一応ロケットをイメージしているようです。先端の赤い部分はゴムじゃなくプラスチック製。それなりに丈夫そう。カメラはもちろん、キーボードの中やデスクの上のホコリを飛ばすのにも使えることを発見して結構重宝します。大きいので持ち運びには向かないのかもしれませんが、カメラバッグなどに入れておけば問題ないサイズ感だともいました。

“いつもの”充電ケーブル

カメラを買った時に充電ケーブルも付いているのですが、新たに購入しました。このブログでも何度もおすすめしまくってるケーブル、AnkerのPowerLine+です。すごく気に入ってるんですよね。

Anker PowerLine+が最高すぎて充電ケーブルを全部買い替えました!
  • デザインが良い
  •  丈夫で長持ちする
  •  すべてのケーブルが統一されてると気持ちいい

という理由からやっぱりコレ。わが家ではすべての充電ケーブルをPowerLine+に統一しています。

α7ⅢはmicroUSBとUSB-C、2種類のポートがあるので、どちらでも好きな方で充電できます。
ぼくはmicroUSBのタイプにしました。kindleやモバイルバッテリーなど、まだまだmicroUSBを必要とする場面が多いためです。

iPhoneのもそうですが、本体に同封されてるケーブルって弱いものが多いのであまり好んで使いません。これはとても丈夫にできている上に価格は1000円ちょっとと高くないので、コスパは最高です。

カラーリング、長さも豊富なのでお好みのものを。自信を持っておすすめします!

ピークデザインのストラップ

カメラブログを書いている人のカメラに丸いプラプラしたパーツがついてるのご存知でしたか?

コレです。
Peakdesign(ピークデザイン)というブランドのアンカーというものです。

OMG

これは大・発・明!

要するにカメラストラップを取り付けるためのパーツです。

こんな感じでストラップ側の黒い金属パーツの溝に沿ってアンカーをスライドしてはめ込んで使用します。


ストラップの取り外しが楽!圧倒的に楽です!

カメラのストラップって着け外しが面倒なのでつけっ放しになっている事が多いのですが、三脚に設置した際などには邪魔になってしまうことも。しかしこの機構(アンカーリンクスという名称らしい)を使えば簡単に着脱することができます。使った瞬間に「これしかないな」と思いました。

しかも金属パーツを好きなストップに付け替えられるという神仕様(お手持ちのストラップ幅にもよります)

みんなコレにしたら良いのに!

ぼくは「Slide Lite」というストラップを購入しました。もっと幅広のものや細いタイプもありますが、コンパクトなミラーレスカメラにはこれが良い気がします。中にアンカーの予備も2個入っているので、カメラを2台持っている方は予備のアンカーをもう1台につけておけばストラップ1本で済みます。

最高かな?

とにかく使わない理由が無いです。激おすすめ!(みんな知ってると思うけど)

peakdesignはサンフランシスコ発のスタートアップ企業。クラウドファンディングkickstarterで開発資金を集め商品をリリースすることでも知られていて、デザイン性も抜群。他にもカメラバッグやポーチ、レンズホルダーなど様々なカメラ関連商品がリリースされています。どれも格好良くておすすめです!

リュック欲しいなぁ!

早速撮影に出かけよう!

これで一通りの準備が整いました。家の中でテキトーにバシャバシャ撮ってるのも楽しいのですが、やっぱり外で撮影するのが楽しいですね!普段あまり出かける方ではないんですが、子どもと公園に行くときでもカメラを持ち出して撮ってみるととても楽しい!

もっと上手くなって色んな所に撮影に行きたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です