読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

yPadをプライベートに導入すると生活の質がブチ上がります。

当ブログではこれまで色んな商品の紹介をしてきたのですが、その中で一番売れた商品が「yPad」というノートです。かれこれ50冊近くは売れてます。

これは色んな仕事を同時にこなさなければいけない人にとって非常に有能なモノでして、ぼくも普段から仕事の相棒として常にデスクに置いて作業しています。

詳しい使い方はこちらの記事でも紹介しています。

で、です。

これを自宅(プライベート)でも使ったら色々と捗るのではないかと思いまして、早速購入しました。今回は通常の半分サイズ「yPad half X」を購入。小型で使い勝手が良いです。大きさはfireタブレットより一回り大きいくらいのサイズ感。通常サイズはこれの倍あります。

f:id:omg-ox:20170414003437j:plain

 

自宅でのタスクを可視化する

基本的にぼくは家で本業の業務をすることはありません。家ではブログを書いたり、頼まれたロゴ制作に加えて、家事、育児なんかをこなします。副業をする上でもyPadは役に立つと考えました。
まずは自宅でどういうことに時間を費やしているか、何をすべきかをリストアップすることから始めていきます。

  1. ブログを書く
  2. デザインの勉強
  3. 依頼業務(デザイン制作等)
  4. 家事(頼まれごと等)
  5. 育児
  6. 運動(ジョギング)

ざっくりですが帰宅して寝るまでにやることはこんな感じ。人によって様々でしょうが、自分の場合は結構やるべきことを忘れてしまったりするので、こうして記録して眼に見える形で管理することが有効。

同じようなアプリなんかもあると思いますが、スマホいじると別のことに気が散ってしまいがちです。そして、“手で書く”ということも重要だと考えています。仕事でも手で文字を書くことが少なくなる一方なので、意識的にそうした機会を増やしたいといった狙いもあります。

記録すべきタスクが決まったらyPadに書き出していきます。タスクは同時に15個まで増やせますので普通に暮らしていたら十分な数です。またタスクの増減、差し替えは随時行うようにし、1週間単位で見直しながらベストな状態をキープします。

yPadの使い方

スポンサーリンク

 

f:id:omg-ox:20170414003414j:plain

さて、このノートの使い方ですが、今回はサンプルを用意しました。あくまでぼくの使い方なので、いろいろ工夫しながらベストな記法を考えるのも面白いと思います。

左ページ:横軸

f:id:omg-ox:20170414003422j:plain

左ページは横軸で使います。yPad halfは1ページ=1週間(通常サイズは2週間)です。まず左上に日付を記入します。通常の手帳などと違ってあらかじめ日付の記載が無いのも特徴。自分の好きなときから始められるのもポイントです。

ただ、ひとつ残念な点が。このノートは日中の業務管理を主題に開発されているため、時間の表記が「朝の6時はじまり」となっています。今回は主に帰宅してから自宅で使うことを想定しているため、6時=夕方の6時に置換えて書いていくことにしました。

若干不満が残りますが、まぁ慣れれば問題ないかと思います。

書き方はいたってシンプル。その日の予定や、実際何を何時から何時まで行ったかを記入していきます。

右ページ:縦軸

f:id:omg-ox:20170414003431j:plain

右ページの記入例です。ジョギング(運動)やブログの執筆、ロゴ制作など、今週やるべきことを記入して、縦軸で管理していきます。持ち越したものはまた次のページに書いていくと漏れが無いので安心。

また、ジョギングであれば走った距離、勉強であれば何時間やったかなど、数字とともに記録していくと一目で確認できて便利です。

これはあくまで一例ですが、yPadは本当に自由度が高いので、自分好みにカスタマイズしながら使っていくとよいかと思います。

また次のページは見開きの方眼メモスペースになっており、書き込む容量もたっぷりあるのでブログのアイデアやスケッチなんかにも使えて重宝します。週間日記のような使い方も面白いのではないでしょうか。

f:id:omg-ox:20170415012345j:plain

yPad導入のメリット

ぼくはyPadを2年ほど使い続けており、仕事上では欠かせない存在になっています。今回はそれをプライベートにも導入するに至ったわけですが、yPadを使う上でのメリットはいくつかあります。

アナログで記録する

PCで作業しているとどうしてもPC上でのスケジュール管理ソフトなんかは使いにくいんです。スマホアプリにしても、仕事中スマホをいじるわけにもいかないですし、アナログな手書きノートであれば、ノートを開いたまま見返す、メモを取るといったことだけに集中できます。

手で書いて覚える、忘れることが減る

これも上記に付随するのですが、手で書くことでうっかり忘れてしまうことが減ります。何か思いついたら即座にメモページに書く込むクセをつけるとあとで見返して新しい発見があったり、アイデアを一冊のノートに集約することで情報が散らばらずに助かっています。

クリエイターの工夫がたくさん詰まっている

スポンサーリンク

 

yPadはもともと寄藤文平さんというデザイナーが作ったノートです。書き方も決まっていないし、日付の記載も無いので、使う人が自由にカスタムして使うことができスケジュール帳。特別目新しい機能などはありませんが、シンプルだからこそ毎日使ううちにこだわりや工夫が随所にちりばめられた製品だと感じます。現に新しく買い足しているし、何となく見返して過去を振り返ることもできる。

日記のようなスケジュール帳です。装丁も非常にシンプルで飽きが来ない、使ううちにボロボロになって、それがアジになってさらに愛着が湧いてくる。そんな不思議な魅力があります。

仕事にもプライベートにもこれからずっと使っていくと思います。

今回普段の生活用に使ってみて家でどう過ごしているかが可視化された点がとてもよかったと感じました。極力ムダを省いて効率的に動いていきたいですね!ものごとに集中するにはこうして目に見える形で記録するのが一番手っ取り早いなと思いました!

もちろん本来の近い方である仕事のスケジュール管理にもとてもオススメできます!ぜひ試してみてはいかがでしょうか。