OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

大タイトル

子タイトル

ド素人がSSD換装したらクッソ早いパソコンが誕生しました!【結構簡単】

スポンサーリンク

f:id:omg-ox:20170618011716j:plain

OMGです。
今回はOMGがHDDをSSDにします

パソコンの調子がめっさ悪い

パソコンが重くてしょうがないみたいなことはありませんか?
ブログを始めてからというものパソコンの前で作業する時間がとても増えました。

が、しかしうちのパソコンめちゃくちゃ重くてどうしようもなかったんです。
まあ10年近く使ってる古いやつなので仕方ない部分もあるのですが、それにしても遅すぎる!!
どれくらい遅いのか実際に時間を測ってみました。

起動からネット接続まで・・・約3分
AdobePhotoshop起動まで・・・約5分(!!!)←ヤバイ

フォトショなんかはフォントデータが山ほど入っているので絶望的に重いです。

起動するたびに「フリーズしてるのかな?」ってなりますが、ちゃんと立ち上がります(ちゃんとではない)ブログを書こうにもレスポンスが遅いし、画像編集もままならないしという感じで、これまでやってきました。

そろそろガマンの限界。なんとかしたい・・・ということで、調べてみるとどうやらHDDがヘタってるんじゃないか。と言う結論にいたりました。

HDDをSSDに換装することで「早いパソコン」を実現しましょう。というのが今回の趣旨です。しかし、パソコンの中身のことなんて全く知識がないので、いろんな方にアドバイスをいただきながらなんとかやりました。

hrktksm.hatenablog.com

スポンサーリンク

 

できるだけ簡単に説明するので、皆さんもぜひ挑戦してみてください

一般的にパソコンの中をあけてパーツを交換するなんていう作業は、すごく難しそうとか、専門知識が必要なんじゃないかと思われがち。事実ぼくもそう考えていた一人です。なのでなるべく難しい専門用語はナシにして、ノリとバイブスでやっちゃいましょう(重要)。

簡単に流れを説明します

  1. SSDを初期化(フォーマット)する
  2. 既存のHDDのクローンを作成する(丸ごとコピーする)
  3. パソコンのHDDを外してSSDに交換する

以上です。簡単そうです。

SSDとは

本題に入る前にSSDって何なの?って話ですが、ザックリいうと「大事なデータがいっぱい入ってるやつ」です。OSから保存した写真や書類のデータが全部入ってます。

これまではHDD(ハードディスクドライブ)というものが一般的でした。これは名前くらいは聞いたことがあるかと思います。SSDはHDDよりも高速に読み書きができます。加えて、静音性にすぐれており発熱もしにくい。とけっこういい事ずくめな感じのものです。
ただ、HDDに比べて値段が割高です。しかし価格も数年前に比べてずいぶん下がってきているようです。

HDDの寿命

基本的にHDDやSSDは消耗品であり、読み書きをし続けると徐々に性能が落ちてきます。一般的にHDDの寿命は4~5年程度とされていて、ある日突然HDDが死亡してデータが全部ぶっ飛ぶという最悪の事態も考えられます。

ですので、パソコンの動作が重くなったり、異常音などがする場合などは何らかの不調と考えてよいでしょう。

うちは幸い10年近く持ちこたえていたわけですがこの事実を知ったとき「そりゃ重くなるよな・・・」と思ってSSDに交換することにしたのでした。

必要なものを準備

まずは必要なパーツをそろえます。デスクトップ型パソコンの場合です。

f:id:omg-ox:20170617180821j:plain

  1. SSD本体(今使っているものよりも容量が大きいものもしくは同じもの)
  2. 3.5インチ変換ブラケット
  3. SATA3ケーブル

以上3点を購入しました。

SSD本体は525GBのものを用意。メーカーは数多くありますが、amazonで評価の高かったCrucialいうメーカーのものを使用しました。2万円弱です。

3.5インチ変換ブラケットですが、一般的なデスクトップパソコンのHDDの大きさが3.5インチに対して、標準的なSSDは2.5インチしかないので、パソコンの中に入れるときにサイズがあわないためこれに固定して3.5インチの大きさにします。

ケーブルは「SATA3.0」に対応しているもの。マザーボードと呼ばれるPC内の基盤とSSDを接続するものです。

SSDをフォーマット(初期化)する

まずは第一段階です。SSDを初期化してPCに認識させます。
この作業は先日へそちゃ(id:hesocha)さんが記事にされていたのでこちらを参考にしました。ぶっちゃけ、ぼくの記事よりもはるかに詳しいので、参考にしてみてくださいw

www.hesocha.com

f:id:omg-ox:20170617181856j:plain

f:id:omg-ox:20170617181943j:plain

パソコンの電源を落としてケースを開け、マザーボードとSSDをケーブルで接続。開けたまま作業していきます。

だいたい中を開けるとホコリのおばけみたいなのがもりもり出てくるので、掃除しましょう。ホコリが溜まりすぎるとよくありません。

SSD内にクローンを作成。中身を丸ごとコピーする

フォーマットが終わったらクローンを作成します。クローンとは文字通りHDDの中身をそっくりそのままSSD内にコピーすることを言います。

一部メーカーのSSDにはクローン作成用のソフトが同梱されているそうですが、フリーソフトでも可能です。

「EaseUS Todo Backup」ドライブやパーティションを丸ごとイメージ化してバックアップできるソフト - 窓の杜ライブラリ

↑こちらのソフトを使用しました。

手順は元となるソース(HDD)を選択してターゲット(SSD)にクローンを作成という流れになります。データの容量にもよりますが、ぼくの場合は1時間ほどでクローンが完成。

公式のHPはこちら(日本語対応です)

完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free

使い方はこちらを参考に。

EaseUS Todo Backupを使ってクローンSSDを作成する方法 | たびびとライフ

f:id:omg-ox:20170618015912j:plain

中は意外とスカスカですが、ケーブルだらけでぶっちゃけよく分かりません。奥の壁にあるのがマザーボード。右の壁に張り付いているのがHDD、手前に出てるのがSSDになります。初期化からクローン作成までこの状態でOKです(電源をいれて普通に作業できます)

ブラケットを装着してHDDがあった場所に固定

クローンを作成したSSDはそっくりそのままHDDのデータが入っているので、ブラケットで3.5インチ幅にして、元々ついていたHDDと交換します。

f:id:omg-ox:20170618001433j:plain

f:id:omg-ox:20170618001452j:plain

裏側からネジでとめるとこんな様子です。

f:id:omg-ox:20170618001547j:plain

HDDはこういうシルバーのやつです。ネジで止まっていますのでここにSSDを装着したら作業は完了になります。おつかれさまでした。

スポンサーリンク

 

結果こうなります

では実際にどれくらい早くなったのか計測してみます。
下記は書き込み/読み込みの速度を計測した値ですが、スコアがぐーんと上がりました!

くっそ早いです!!!(当社比) 

f:id:omg-ox:20170618010915j:plain

起動からネット接続まで・・・53秒《換装前:約3分》
AdobePhotoshop起動まで・・・13秒(!!!)《換装前:約5分》

特にPhotoshopの起動が爆速になりとてもハッピーな気持ちに。
データの処理スピードが格段に上がったので、ネットのブラウジングも非常に快適。
すげー!

控えめに言って全く別物のPCです
「もっと早くやってれば良かった」と100回ぐらい思いました。

注意点:事前にPCの中を要確認

当たり前ですが、PCの中の様子はメーカーによって大きく異なりますので、事前にHDDが取り外せるのか、SATAのコネクターの位置などは確認しておく必要があります。だいたいの感じは目視で確認できると思いますが、「PCの機種名 SSD交換」などで検索するとすでに交換した人の記事などが見つかるかもしません。

また、SSDをUSB接続してフォーマットやクローンの作業を行うこともできます。
その際はこういうものが別途必要です。

この中にSSDをセットするとUSB接続できるようになるので、PCの中を開けずに作業ができます。

まとめ

はじめてやった割には結構スムーズにできましたし、意外と簡単でした。

自分の場合は古いPCでしたのでSSDの性能を100%出し切ることはできていないかもしれませんが、HDDのときと比べて飛躍的に快適になったので非常に満足です!

やるまでのハードルが高いのは事実ですが、実際に行う作業としては難しくありません。PCはドライバー一本であけることができます。
目に見えて早くなるので大変オススメです!

実際にこの記事は換装後に書いていますが、画像処理はもちろんブラウザ上での記事作成もノンストレスで書けましたし、書き上げるまでのスピードもめちゃくちゃ上がりましたね!こういう時短はすごく価値があります。素晴らしい。

みなさんもぜひ挑戦してみてください!!