読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

デザイナーの副業にはブログが最適。おすすめする理由をすべてお話します。

f:id:omg-ox:20170311024257j:plain

デザイナーの皆さん、副業してますか?

今回は副業とスキルアップついて書いてみたいとおもいます。
結論としてデザイナーがブログを副業にするとメリットがたくさんあります。
ただの金儲けではなく、自身のスキルアップにも直結するので、
デザイナーとブログというのはとても親和性が高いです。

これから副業を始めようと考えている皆さんに向けたお話です。

デザイナーは年収が低いので副業をしたほうが良い

大手プロダクションや、引く手あまたの第一線のデザイナーを除き、
デザイナーという職業の年収は一般的に低い傾向にあります。

全体の平均年齢36.5歳で年収431万円。
悲しいかな決して高いとは言えませんね・・・。

しかしこれが現実です。

出典:平成27年デザイナーの平均年収-年収ラボ

ぼく自身、今でこそギリギリなんとかなっていますが、
20代前半の新人時代の手取りはもうヒドイありさまで、
腹減った→金が無い、歯が痛てぇ→医者に行けないみたいな感じでした。

もう10数年前の話ですし、就職した会社が小さなデザイン事務所だったこともあり、
低賃金に加えて連日の徹夜作業となかなかハードでした。

当時は食べるのにもやっとだったのを思い出します。
(今同じことをやれと言われたら全然自信ないです・・・)

デザイナーという仕事は、いわゆる「手に職」である以上、
スキルが無いもの食うべからず。といった慣習についても理解できます。

一方でデザイナーになるという夢を叶えても
経済的理由から離職を余儀なくされた人たちもたくさん見てきました。

かっこ良く言えば己の腕でのし上がっていく世界です。

しかし、金を稼がなくては飯が食えない。背に腹は変えられないのです。

せっかく手にしたデザイナーという仕事を「稼げないから」
という理由であきらめて欲しくない。

当ブログ開設のキッカケ

f:id:omg-ox:20170311024339j:plain

このような経験もあり、常に副業的な何かをしなければと考えていました。
ましてや結婚して子どももいるのでもっと働いてもっと稼ぐ必要がありました。

では何を副業にすればいいのかと言う話ですが、一般的なデザイナーの副業といえば、
友人・知人のつてを頼って知り合いのお店のチラシや名刺を作るといった
既存のスキルを活かしたものが思い浮かぶかと思います。

しかし日常の業務に加えてこうした案件を引き受けるのは
時間的にも体力的にもキツいものがあります。

そこで、目をつけたのがブログでした。当ブログは10ヶ月目に突入していますが、
順調に成長していると言えると思います。細かな収益などは非公開ですが、
当初自分が想像していた以上に収益は上がっています(お小遣い程度ですけどね)

しかし、お金以上にブログを書くことで様々なメリットがありました。

これからお話しすることが、本エントリーの主題になります。

スポンサーリンク

 

ブログはローコストではじめられる

はてなブログを運営するに当たっては若干のコストがかかります。
ブログを収益化するためには、まず独自ドメインで運営する必要があるので
はてなブログProの月額1008円(年間契約だともっと安い)に加えて
独自ドメインの取得、維持が年間で2000円ぐらいですかね?

年間でだいたい1万円ではじめられます。安い。
そして誰でも今すぐに始められる。

そして年間コストを稼ぐ程度の収益は比較的簡単にクリアできます。

サラリーマンの副業の代表格である、せどりや転売なんかは
参入障壁こそ低いものの、買い付けにかかる初期費用や時間、
不良在庫を抱えるリスク、ライバルとの安売り合戦など、
始める前からかなりしんどい戦いになること必至で、
作業量の割りに儲からなかったりすることもザラです。

だいたいA店から買ってB店で売るなんていうビジネスは面白みが無いし、
仕事というより作業です。

そして結局資金が潤沢な者が勝つマネーゲームですので、
よほど時間とお金に余裕がある人以外はおすすめしませんし、
そもそも副業をしたいと考えている人に潤沢な資金はありません。

せいぜい怪しげなセミナーへの勧誘や商材を買わされるのがオチなので早めに撤退しましょう。

ブログは趣味と実益を兼ねている

ブログという副業はローコストで始められる上に楽しんで継続することができます。
音楽やスポーツなど、趣味のことをブログに書いている方もたくさん居ますし、
デザイナーなら大好きなデザインネタを書けばいい。
上手に運営すれば収益を上げることが可能です。

そしてその収益をまた趣味や本業で使うモノに還元するというサイクルを作ることができれば高いモチベーションを維持していくことができます。

まずは楽しんで続ける→収益化を目指す→ブログや実生活に還元する

というサイクルを目指していくと良いでしょう。

忙しくても自分のペースで更新ができる

f:id:omg-ox:20161116181032j:plain

とかくデザイナーは忙しい職業です。
時間管理に常に頭を悩ませている方も多いかと思います。
そんな中で副業で時間をとられて本業をおろそかにしてしまっては
何の意味もありません。

しかしブログであればわずかなスキマ時間で
少しずつ書き溜めていくことができますので、
実は忙しい方にもぴったりな副業だったりします。

ぼくの場合は周りのブロガーと比べ更新頻度は非常に遅いです。

10ヶ月目でまだ85記事くらい。
早い方だと3ヶ月で100記事に到達してしまう方もいますが、
自分には到底無理なので、最初からあきらめてます。

とにかくマイペースで妥協せず面白いものを書く。

というルールで運営しています。

昨年末に子どもが生まれてさらに育児の時間も加わり、以前にも増して
まとまった時間が取れなくなりました。(毎日想定外のことが起こりますので)

結局2月は新しい記事を1本と過去記事のリライト作業しかしていません。

それでも収益は上がっているので不安や心配をすることなく
本業と育児に打ち込めています。(リアルが一番大事)

ある程度までブログが育ってきたら古い情報のアップデートをしたり
メンテナンスするだけでもある程度は収益を上げることができます。

多くの方が口にする「ブログは資産である」という言葉を
最近実感できるようになって来ました。

スポンサーリンク

 

デザイナーがブログを書くことのメリット

f:id:omg-ox:20170311024418j:plain

ではデザイナーがブログを書くことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

あくまで僕自身の経験談をベースにしていますので、
すべての方に当てはまるかと言われればそうでは無いとはおもいますが、
デザインもブログもクリエイティブな作業であることは変わりません。

 

f:id:omg-ox:20170122011055j:plain

①経験を元に書くことができる

業務を行ううえで覚えた技術は恰好のブログネタです。
さすがにクライアントワークをそのままブログに公開してしまう
おバカさんはいないと思いますが、「新しい技術を覚えた」とか
「最近こんなデザインが流行っている」「かっこいいフリーフォントを見つけた」
など、書くネタはゴロゴロありますね。

こうしたデザインネタはブログと非常に相性が良いです。

自分も過去にこうしたネタを読者として検索して調べてきましたから、
今度は自分が情報提供者側に回るという発想。

そして駆け出しの新人デザイナーの方であれば「こんな事で悩んでいる」とか
「こんな事ができるようになった」と言うのをブログに書けばよいです。

あなたが今日クリアした課題に頭を悩ませている人はたくさんいるはずですし、
経験不足=ニーズがないと決め付けてはいけません。
ニッチは話題にも必ずニーズがあります。

そしてこうしたリアルな経験は書店の本にはほとんど書かれていません。

個人ブログですから、等身大の自分で書けば
意外な所にニーズがあると言うのを感じることができるでしょう。

 

www.omg-ox.org

②アウトプット能力の向上が見込める

大前提として、ブログは「読まれる文章」を書く必要があります。

そのためには

  • 読みやすくレイアウトする
  • 理解しやすい言葉で書く
  • 読者の目を引く工夫をする

といったことが必須になってきます。
これってデザインの仕事に非常に似ていませんか?

先ほど「デザインもブログもクリエイティブな作業」と書いたのは
こうした理由からです。

裏を返せば何の工夫もなくただ思ったことを書いたものは
“ただの日記”であり、一般人が書いている日記には
多くの読者を惹きつける魅力はありません。

自分なりに人の役に立つ記事を書く、面白いブログで人を楽しませるといった
ブログを書く過程で得たアウトプットの能力は
本業でのプレゼンやデザインに少なからず良い影響を与えます。

副業が本業を助けてくれるはずです。

③インプットの質も上がる

アウトプットが上手にできるようになったら収益化は目前です。
しかし次に「今後どのように継続するのか」という課題が湧き上がります。

当然アウトプットばかりではいつかネタ切れしますので、
同時にインプットしていかなければいけません。

おもしろいもので、自分が発信者になったとたん、
最近話題になったニュースや、ヒットした新商品など、
これまで気にも留めなかった情報が自然と耳に入ってくるようになります。
※他のブロガーの記事を読む機会も増えるので

アンテナの感度が上がるというとイメージしやすいかと思います。

今度はそれをデザイナーのフィルターを通してブログに書けば良いんです。

個人的にはいわゆるトレンドネタはあまり書かないのですが、
少しひねって「デザイナー目線」というフィルターを通していくつか書いてきました。

これは一般的な目線とは少し違った視点ですから、
珍しがって読んでもらえる事もあると思います。 

インプットの量や質が向上すると言うことは、これも本業に大いに役に立ちますね。

スポンサーリンク

 

まとめ

最近では副業を許可する会社も少しずつ増えてきているようです。
その理由は、会社の業績がこの先不安定になったときの
保険の意味合いももちろんあるでしょうが、

副業で得られた知見は本業に還元される。

と考える経営者が一定数いるということではないかと思っています。

複数の仕事をすることで時間のやりくりが上手くなったり、知識や経験が増える
と言った相乗効果が生まれることは明らかです。

継続することができれば収益を上げることは比較的容易ですし、
自分で仕事量をコントロールできるため、時間の無い方でも取り組めるので
やってみる価値はあると思います。

あくまで副業ですから、本業に支障が出ないように
楽しみながらチャレンジしてみてください。

個人的にはデザイナーは絶対にブログをやったほうがいいと思いますね。
「副業としてのブログ」のメリットを最大限に受領できる職業の一つだと思います。

 クリエイターとして、自分の文章や作った作品をブログで発表するのは
とても刺激的ですよ! 

 

twitterではこうしたブログでは書かないアイデアやマネタイズに関することを
たまにつぶやいてます。(ほとんどしょうもない話ですが)

フォローしていただけると嬉しいです!

おまけ

f:id:omg-ox:20170311025704j:plain

当ブログはいくつかのアフィリエイトプログラムに参加しています。
といっても自分のブログにマッチした案件のみしか扱わないので
ゴリゴリやっているわけではないですが。

現在の収益の柱はGoogleAdSense、A8ネット、もしもアフィリエイト、
バリューコマースがメインです。

そのうちA8net、もしもアフィリエイト、バリューコマース(総称をASPといいます)はブログを持ってれば誰でも登録することができますので、自分に合った案件が見つかったら記事にしてみると面白いと思います。(他にもたくさんのASPがあります)

登録にかかる費用はもちろん無料。登録すると案件を探すことができますので
ブログを開設したら是非チェックしてみてください。

収益化が加速します。

ASPの案件を使った記事を一つ例を挙げるとこういうやつです。

ラクスルの500円激安名刺の品質は?デザイナー目線で検証してみました! - OMGmag

「デザイナー目線」で自分にしか書けない記事を意識しています。

探せば自分が紹介できそうなものが何かしら見つかると思うので、
AdSenseと併用しながら収益化を目指してみてください!

 登録は以下から。