読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

ラクスルの500円激安名刺の品質は?デザイナー目線で検証してみました!

デザイン

f:id:omg-ox:20170121202709j:plain

ぼくはデザイナーとして日々様々なモノをデザインし、それを仕事にしています。

主に紙に印刷するものを中心に取り扱っているのですが、お客様からの要望で一番多いのがズバリ、コストダウンです。良いデザインするのは大前提として、「ニーチャン、なるべく安ぅやったってーな」と言われれば少しでも安い印刷所を探します。

しかし、安い=低品質というのもまた事実で。特に印刷物は印刷所によってかなり仕上がりが変わってきますし、簡単にはやり直しができません。また、作り手としてせっかくこだわって作ったのに、印刷所から上がってきた製品に納得できず、やり直しさせた事も一度や二度ではありません。

f:id:omg-ox:20170122011055j:plain

「まぁ安かったし仕方ないか。」というのはできるだけ避けたい。やり直しの時間もコストもかかります。

たとえペラ一枚であっても大切なビジネスツールなわけですから、妥協はしたくない。それはデザイナーも発注主も同じであると考えています。

で、本題の「ラクスル」です。こちらは低価格印刷を大々的に打ち出しており、TVCMも放送されているので、ご存知の方もいるかと思います。

名刺100枚で500円~という激安価格。めちゃくちゃ安いです。

安くて品質がよければ利用しない手はありません。

以前からラクスルの名刺のクオリティが気になっていましたので、実際にサンプルを作ってプロ目線で仕上がりを検証してみようというのが今回の趣旨。

スポンサーリンク

 

安いは正義か?

今回は2つのデザインを用意し、それぞれ異なる紙質、プリントを試しました。

①片面1色モノクロ/上質紙 225kg

f:id:omg-ox:20170121202758j:plain

オーソドックスに黒インク一色のモノクロのデザイン。

縦型名刺にしてみました。シンプルでスッキリしたデザインが好みです。

紙質は[上質紙]。一般的な名刺に使用されるタイプのものです。「225kg」という数字の部分は簡単に言うと紙の厚みになります。

この数字が大きいほど紙は厚くなるという認識で良いと思います。

一番低価格な名刺で100枚税込み500円。

めちゃくちゃ安いですが印刷のかすれや裏写りなどは見あたりません。

裁断もおそらく0.数ミリレベルのわずかなバラつきがある程度で、誤差の範囲です。
プリント、断面ともに問題なく綺麗に仕上がっています。

会社の名刺でも問題ないクオリティだと思います。これで500円は安い。

送料はメール便190円/宅配便470円となっているので、安く仕上げるならメール便でOKでしょう。

②両面1色モノクロ/高級紙(ヴァンヌーボ)235kg

f:id:omg-ox:20170121202755j:plain

こちらは先ほどより厚手の紙を使用し、黒インクを全面に印刷し文字を白で表現しています。いわゆる「白ヌキ」と言われるデザイン。両面印刷にしてみました。(写真は表と裏)

これは黒い紙ではなく白い紙に黒インクで印刷した状態です。この場合は特にインクの滲みや細かい部分のつぶれ、裏写りに注意しないといけません。

紙は[ヴァンヌーボ]と呼ばれる若干凹凸のある用紙で、独特の風合いがあります。235kgと先ほどの上質紙より厚手になり、固いです。名刺と言うよりカードといった印象。

名刺のほか、ショップカードなどにも使えます。

しかし、黒インクを全体に乗せていますので、全体にテカりが生じます。これは仕方ないです。しかし裏写りなどは無かったので仕上がりは合格です!

マットな感じに仕上げたい場合には光沢の無い黒い紙を使用し、白インクで印刷といった手法を取りますが、ラクスルでは非対応。白い用紙しか用意されていませんので、他の印刷所で注文することになります。

断面はこんな感じになります。

f:id:omg-ox:20170121232731j:plain

当たり前ですが白いです。
なので自前で小口染めをやってみます。

 

マジックで断面を塗ります。

f:id:omg-ox:20170121202730j:plain

 

f:id:omg-ox:20170121202735j:plain

できた。
(少しムラがありますが、2、3回塗り重ねると良いと思います)

小口染めとは紙の断面に色を入れる加工のことを言います。
通常は極厚の紙に施すのが一般的で、対応してくれる印刷所は結構少ないです。

しかしこのように自分でやることもできます。

before

f:id:omg-ox:20170121202752j:plain

after

f:id:omg-ox:20170121202748j:plain

何でもやってみるもんですね。
断面も黒い方がいいよね。

今回は黒インクだったの問題なかったですが、印刷のインクとペンのインクの色を合わせるのが難しい場合もあるので注意してください。

スポンサーリンク

 

総評

結論:十分使用に耐えるクオリティ

特にコスト削減に重きを置いている方とっては非常に使い勝手が良いと思います。

また、100枚から作れるので、仕事以外にも学生サークルブロガー名刺など、さまざまなシーンで手軽に利用できると言えます。

家庭用のプリンターでは到底再現できない品質を低価格で実現できるのでオススメできます。500円だったら名刺用紙を購入して自宅でプリントするのとコスト面でもあまり変わらないのではないでしょうか。

今回、作成にかかった金額はこちら。

f:id:omg-ox:20170122001237j:plain

合計200枚作成して¥1558(送料・税込)でした。

高級紙を試してみたので若干金額が上がってますが、それでも安い。もちろん枚数をたくさん作ればその分割安。

加工や紙質によって値段は変わってきますがHPの注文フォームで金額のシュミレーションができます。とても分かりやすくて、このあたりも好印象。

 

f:id:omg-ox:20170122001602j:plain

注文から手元に届くまでおよそ10日程度でしょうか。急ぎの場合であれば追加料金で納期を早めることもできますので、予算と納期にあわせて利用するといいかと思います。

初回注文で500円OFF

今回初めて注文してみましたが思った以上に品質がよく、これから仕事で使いこともありそうですね。試せてよかったです!

そしてラクスルでは「初回注文500円OFF」というサービスも行っているので、注文の際はHP内で発行されるクーポンを利用してください。
これを使えば名刺100枚であれば送料のみで注文できるという、ちょっと頭おかしい仕様です。(良い意味で)

ワンコイン名刺ならラクスル

f:id:omg-ox:20170121202713j:plain

久しぶりにデザイナーっぽい記事を書いてみました。やはりものづくりは楽しいですね!金額的に色んなデザインを試しすことができそうです。

安いは正義だ。

ただ、この名刺の使い道があるのかどうかは微妙ですけれども、注文される方の参考になれば幸いです。