読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

これからはじめるPhotoshop~導入から独学の方法~_Photoshop Lesson00

大阪のおっさんが教えるPhotoshop

f:id:omg-ox:20160824010832j:plain

わしや(^ω^)

あんなわしな、いつもPhotoshopの便利な使い方ちゅうて色々紹介してるやんけ。ほんで「これから勉強したい」いう人向けの記事もいっぺん書いとこかなおもてな。今回のテーマは、「独学でPhotoshopをマスターするには」ちゅう内容や。ゼロから勉強しよかな思とったり、初心者に向けての独学方法、注意点なんかを紹介して行くさかい、興味ある人は読んでくれるけ?


長いし目次入れたで。

Photoshopはすでに持ってるわーちゅう人は独学の章から読んでくれやー!
スポンサーリンク

 

どないしてPhotoshopを手に入れるか。

まずこれやな、Photoshopちゅうのんは知ってる思うけど、けっこうええ値段しよんにゃあな!まあプロ向けのソフトやさかい当たり前ちゅたら当たり前や。世界で活躍するようなごっついクリエイターも同じソフト使ことるわけやな。

そら高いわー!ちゅてな。そやし、趣味レベルでやってみよ思てもなかなか手が出せんのも事実や。なるべくコストをかけずにPhotoshopに触れるにはどうするかっちゅーとやな、いくつか方法あるねん。

1.まずは体験版で試してみる

ありがたい事に無料で体験版が用意されとる。

www.adobe.com

体験版の有効期限や注意点はこっちを確認してくれるけ?

体験版の使用期限について(Creative Cloud)

Photoshop以外にもいろんなソフトの体験版が用意されとるさかい、必要に応じてこの機会に触ってみるとええんちゃうやろか?期間限定やけど、機能的にはなんら変わりあれへんがな。まずは習うより慣れろや。触ってみて実際の使用感を確認しといた方がええんちゃうけ?

2.PhotoshopCCとPhotoshop Elementsの違いや

ちょっとややこしいねんけど、PhotoshopにはCC(Creative Cloud)Elementsちゅうのんがあんねん。二つの違いを簡単に説明しとくと、CCはハイエンドユーザー(プロ)向け、Elementsは初心者やライトユーザー向けにCCの機能を絞ったモンなんや。

詳しくはAdobe公式サイトでチェックしてみてくれるか。

Photoshop、Photoshop Elements、Photoshop Lightroom の違いについて

【補足】その他にLightroomちゅうのんがあるんやけど、これは主に写真補正なんかに特化したパッケージになっとる。いわゆる「Photoshopの機能」を使おと思たら選択肢はCCかElementsちゅうことになるな。

3.おっちゃんのおすすめはCreative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom)

AdobeのソフトウェアちゅうのはCC以前まではCS(Creative Suite)ちゅうバージョンやってん。これはなんやねんちゅたらCSは1回買うたらずっと使えるライセンス版やったんやね。そやし、Photoshopなんかは10万円ぐらいしよったんや!これは趣味で触るにはしんどいわなー。敷居がごっつ高いもんやったんや。

ほんでな、今のバージョンはCC(Creative Cloud)やねんけど、これは月額(年額)課金制になっとる。Adobeが提供しとるソフトをすべて使えるコンプリートプランちゅうのが月額4,980円。1年で約6万円かかるっちゅうワケやな。使い続ける限り課金が必要やから導入までの初期費用は低い分、長く使えば使うほどコストは上がって行く仕組みや。結構な出費やけど、まぁこのソフトがないと仕事になれへんさかいしゃあないがな。

でや。

自分らにオススメしたいんがCreative Cloud フォトグラフィプランちゅうやつや。「Photoshopだけ触ってみたい」と思たらこのプランがええと思うで!
これは名前の通り「写真編集に特化」したパッケージで、PhotoshopとLightroomの2本がセットになったプランなんや。しかもPhotoshopはElementsちごてCCの方や!おっちゃんがこのブログで紹介してるチュートリアルを試してもらえるで!

価格は11,760円/年。1ヶ月あたり980円で使えるワケやな!これやとぐっと手出しやすなったな!しかもCCはバージョンアップのたんびに新しい機能が追加されて行くんや。そやさかい、どんどんできる事が増えて行って便利になってくちゅうことやで!ええやんけ!

Elementsは月々の課金は不要や。買い切りでずっと使えて、価格は1万円前後ちゅうとこやな。わしはElementsを触った事無いし、どんなもんかの説明がちょっとでけへん。ごめんしてな?このブログで紹介しとるチュートリアルは全部CCのパッケージ前提で解説してるで!


ソフトに関しての解説はこれでしまいや。次の章では独学の方法について書いていくで!

f:id:omg-ox:20160824010907j:plain

おっさん、Photoshopの独学は可能なんけ

ほんなもん自分次第やんけワレェ!!(怒)

ちゅうたら話終わってまうから、今日は順番に全部説明していこ!

ソフトを手に入れたら次は勉強や。「べんきょう」いややなー。おっちゃん勉強キライやわーっ!「独学」ちゅうのんは文字通り独りで勉強するさかい、ごっつ大変や。相談できる人もおれへんし。本読んでもむずかしい事ばっか書いてあっさかい、だんだん苦手意識が広がってダルぅなってくんねん。
おっちゃんがブログでこないして自分らにも分かりやすいように説明してるんはそういう苦手意識を持ってもらいたないちゅう理由や。おっさんでもできんねやったらワシもやったらぁ!ちゅうて一緒にレベルアップもらいたんやんけ!ボケェ!

なんでも楽しみながらちゅうのんが一番や。勉強も一緒やんけ!ほんで効率的に基礎を学ぶんや!Photoshopは基礎からの応用力でスキルを展開して行くんやで!

まず一番はじめに勉強してほしい部分はこの3つや

この3つは必須や。はっきりいうて。

  • 画像の補正/調整
  • 画像の切り抜き(ベジェ曲線)
  • 非破壊編集(レイヤーマスク)
画像の補正

まずは画像の補正や調整について勉強を始めるのがええんちゃうけ。Photoshopには明るさを調整したりコントラストをいじるのはもちろん、ごっつ細かく編集できる機能が備わっとる。

素材に応じて最適な補正や編集をまずマスターしてセンスを身につけてこ!クリエイティブのためのソフトやからな。センスがなかったらどうにもなれへん。
センスを磨く一番の近道は「カッコええもん」に触れるこっちゃ。Pinterestみたいなwebサービスはええなぁ。自分の好みを俯瞰的に確認することができるで!

www.pinterest.com

まずは絶えずインプットをしていくんや!そしたら自分の好きなモンとか、ものの良し悪しみたいなことは分かってくるわ。話逸れるし、センスの磨き方は別の機会に改めて書くさかい。

 画像の切り抜き

これもごっつ基本的なこっちゃ。切り抜きの精度が低いと合成するにしてもクオリティが下がる。たまにクソみたいな切り抜きしてきよる奴おるけどやな、そんなもんなんべんでもやり直しやんけ!
これができるようにならんと話しになりまへんわはっきり言うて。PhotoshopやIllustratorでは「ベジェ曲線」ちゅうやつで曲線を描いていくんやけどな。このベジェ曲線ちゅうのんがやっかいやねん。慣れるまでは綺麗な線が引かれへん。

パスを打つポイントやアンカー(ひげ)の処理が重要や。これ一冊の専門書もあるさかい、綺麗な線が弾けるようになるまで繰り返し練習やな。おっちゃんも若い時は一日中切り抜き作業させられとったわ。まあ慣れてきたらなんのことあれへん。実際に線引く前にどこにパス打つか見えるようになるわ。

 

非破壊編集

Photoshopの便利な機能にレイヤーマスクちゅうのんがあんねん。これまでの記事で何回か説明したことあるわな?

 

www.omg-ox.org

 

www.omg-ox.org

 

 

www.omg-ox.org

 これはオリジナルの素材そのものは残したまま編集ができるでちゅうこっちゃ。

あとで変更がきくちゅうことやね。せっかく途中まで上手いこといってたのにあとから修正がでけへんかったらまたやり直しやろ!そやし極力この非破壊編集を使こていくんや。リスクヘッジや!ちゅてな。レイヤーマスクとかスマートオブジェクト、調整レイヤーとかそれにあたるわ。これもまた別の機会にまとめて説明しよかな。

重要なのは「何を作りたいか」を決めることや。

Photoshopはごっつ多機能やろ。何でも作れる。ただし、参考書を一から全部覚える必要は無いねん。大事なんはどこに着地するかを見極めるこっちゃ。どんなもん作るかを決めてから、それに必要なスキルを身につけるんや。実際全ての機能を網羅して一つの作品を作るなんてことはまあありえへん。さっきも言うたけど、センスがものを言う世界や。難しい技術使わんでもセンス次第でカッコええもんはなんぼでも作れるしな。はっきり言うて。

独学で勉強するっちゅう今回のテーマで話すると

①基礎を徹底的に固める→②自分が作りたいものを決める→③それに必要なスキルを学ぶ→④作る→②に戻る

この繰り返しで勉強していくのがええと思うで。

参考書順番にやっても、いつ使うねん!みたいなテクニック覚えてもしゃーないやんけ!ほんでそれ使う頃には確実に忘れとるわい!それより自分が今欲しいスキルからつまんで行くんが近道や!

Photoshopの勉強は徐々に難易度上げるんちごて、答えから逆算していくんや。だんだんできることが増えてくると、これまでに得た断片的な知識が繋がって応用が利くようになってくるんや。さっき挙げた基礎さえ覚えたら即実践に入っていったほうがええやろな!こんなん作りたいわー!言う欲求からスタートして深掘りしていくとええんちゃうけ?

おっちゃんのブログでは基礎的な部分を抑えながら、かつ簡単に見た目をええ感じにするテクニックを解説してるっちゅうわけやんけ!すぐ完成するやろ?ほんでそれが積み重なっていつの間にか自分のレベルが上がってるちゅうワケや!わかるけ!?

まとめや

独学いうくらいやから勉強や。いっちょまえに使えるようになるまでに簡単なコトはあれへん。まぁ自分らが簡単にでけたら、おっちゃん商売あがったりやんけ!ただし、おっちゃんがこの業界入った10年前と比べると確実に参入の敷居は下がっとる。ネットでの情報も豊富やし、何よりソフトが進化して以前とは比べ物になれへんほど、できることも増えてるんやで。初期費用的な部分でも同じことが言えるな。

でも基礎レベルのスキルは普遍や。古くなって腐ることはあれへん。おっちゃんのブログもこういうごっつ基礎的な事をベースに書かれてるから、これからはじめる人には実際ソフトを触りながら一緒に挑戦してみてほしいわ!

 おぉ気づいたらどエライ長ごなってもうたやんけ。5000文字近いでワレェ。。読んでてしんどかったらすまんな。これからも初心者向け、ほんでずっと使えるテクニックを紹介していくさかい、独学で頑張ってる人らもたまには見に来てくれたらええんちゃうけ?

そしたら今日はこの辺にしとこけ!

ほなさいなら(^ω^)

《了》