OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

大タイトル

子タイトル

年賀状と言う文化はいつ無くなるのでしょうか?

スポンサーリンク

f:id:omg-ox:20171009192742j:plain

毎年この時期になると憂鬱になって来ますよね... 年賀状。

本当にいるのか?って毎年思うんですけど。

しかしその歴史は古く、平安時代には正月に手紙のやり取りをする文化があったのだとか。それこそ郵便と言うものが生まれて遠くに暮らす家族や知人に近況と報告できるようになった時にはすごく便利なものだったはずですよね。

でもそんなの何年前の話だよって思うわけですよ。

ほくはデザインの仕事をしているので、毎年年賀状のデザインもちょこっとやったりするのですが、毎年作ってて「この文化いつまで続くのかな?」って思います。

しかしいきなり「今年から年賀状辞めます!」と言うのもなかなか難しいですよね。
このパターン絶対要らないだろ!って場面も多いです。正直めんどくさい。

 

会社の横に座ってる人

わが社には年賀状文化がバリバリ残っていまして、社員全員が年賀状を送り合うと言う不思議な風習があります。

年末の仕事納めの日に「来年もよろしくお願いします」って挨拶して、仕事始めに「今年もよろしくお願いします」って挨拶するのに、元旦に年賀状を送る。

要りますかねコレ。

ぜってー要りませんよね!!

まだ社長とか偉い人、また仕事でお世話になった取引先への挨拶なら分かります。おそらくそういった方に送らないのは失礼に当たるのかもしれませんし。

でも社長も毎年大変じゃね?

こう言うレガシーな文化が残る会社なので、社長のお宅には毎年全社員から大量の年賀状が届来ます。そして律儀に全員に年賀状が帰って来ます。一体何枚書いているのでしょうか。いっそ「今年からウチには年賀状送らなくていいよ」と言ってほしい。こう言うのはトップダウンでやらないと絶対におかしなことになるから。

「あけおメール」でいいんじゃないのか

これだけインターネットやSNSが発達した時代にハガキて。紙というフォーマットを否定する気は全くないし、紙媒体には紙媒体の良さがあるのは十分理解しています。しかし挨拶程度ならメールで十分でしょ…。おそらく若い人はこう言う感覚の方がほとんどだとお思います。

と言うことは年賀状は完全にお年を召した方のものと理解するのが良さそうです。
なおさら社長には年賀状廃止令を宣言していただきたいものです。

送りたい相手に送るのが筋では

年賀状を全否定する気はありません。あれは良いものです(まぁめんどくさいけど)。

  • 遠くに住んでいるおじいちゃんに孫の写真入りの年賀状を送る
  • 何十年も会っていない昔の友達に無事を報告する

とかいうシチュエーションなどはむしろ年賀状がぴったり。ちょうど良いアナログ感。手書きの文字や紙の質感は電子メールのそれよりもずっと暖かく気持ちも伝わりやすいんじゃないかと思います。

送りたい人にだけ送れば良い。
形骸化した年賀状は無意味。

これがぼくの持論。と言うか大多数の方はそう思ってるでしょう。

 

とはいえいきなりなくすのも難しい…

社内で年賀状をやり取りする文化がある場合、なかなか自分だけやめちゃうのも難しいですよね。それなりにコストもかかりますし。

ムダだなーなんて思いつつ毎年出しているのが現状。

もう業者に全て丸投げしています。

と言うのも早めに注文すると12月に注文するよりも半額とかになったりするので、かなりコストダウンすることができます。
丸投げできるおすすめの年賀状サービスはこちら

テンプレートも豊富にあるので選び放題。宛名も業者さんに印刷してもらって、ちょこっとメッセージ書いてポストに。

なるべくコストをかけないようにしています。

早めに注文してさっさと終わらせてしまうのが宜かと思います。

本当は社内ルールで撤廃してほしいんですがね。何とかならないもんかな。