OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

大タイトル

子タイトル

【反応しない練習】すべてのストレスから解放される!ブッダに学ぶ合理的な生き方【レビュー】

f:id:omg-ox:20160901162222j:plain

人は多かれ少なかれストレスを感じながら生きています。イライラや不安、怒り、孤独感...これらのストレスは心をざわつかせ、本来のパフォーマンスを阻害する原因となります。

ぼくは自分の長所を一つ挙げよと言われたら「イライラしない、キレない」と答えます。持って生まれた性格というのも多少はあるかもしれませんが、日頃からイライラや怒りを自分でコントロールしているという部分が大きいです。心の健康は体の健康に直結しますし、不毛な争いごとは極力避けるべきです。心穏やかに自分と向き合えば、解決策は以外と身近にあったりします。今回はそんなストレスとの向き合い方、その解決方法について書いてみたいと思います。

一冊の本との邂逅

ぼくはもともとあまりイライラしない、キレない性格ですが、「考え過ぎて不安を感じること」が多いです。ダメだと分かっていてもあれこれと想いを巡らせて、その結果「これで本当に大丈夫か?」と不安になってしまったり、実際に行動に移す前から結果ばかり求めてしまう。そんな性格をなんとかしたいと常々思っていました。

そんな時に一冊の本と出会います。タイトルは「反応しない練習」。サブタイトルに“あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」”とあります。著者は草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)さん。どこの宗派にも属さないフリーの宗教家です。この本は特定の宗教の布教などを目的に書かれた本ではなく、ニュートラルな視点、平易な文章でブッダの教えを伝えてくれています。

読んで目から鱗が落ちました、この本には先のことを不安に思うよりも、今できることをすれば良い。」そして様々なストレスとの向き合い方、どのように悩みを解消して行くのかということが書かれています。本書からぼくが感じたことを、特に心に響いた部分とともに紹介したいと思います。特に悩みを抱えて生きている、すぐイライラしてしまう方に向けて書きました。

スポンサーリンク

 

ストレスの原因を理解する

ストレスや悩みごとの原因の多くは他者との比較によってもたらされます。「あの人はうまくいくのに、なぜ自分にはできないんだろう」とか、「こんな簡単なこと、あいつはなんでできないんだ!」などと、人は時に他人と自分を比べてしまう生き物。その結果、劣等感や怒りの感情を抱いてしまったり、相手より優位に立ちたがったりします。結果としてそれが心のモヤモヤを生み出している原因。まずは自分が感じているストレスは何によってもたらされているのかをしっかり分析し、理解することからはじめます。

大抵の場合【欲望】【怒り】【妄想】という3つのパターンに大別できます。次のステップではそれぞれ三つのストレスの原因について、さらに理解を深めていきます。

①欲望

欲望とはその名の通り「欲しがること」です。とりわけ対人関係においては「相手より優位に立ちたい(俗に言うマウンティング)」、「自分のことを認めてほしい(承認欲求)」などが挙げられます。誰しもが優位に物事を進めたいし、自分のことを認めてほしい。言ってみれば人として自然な欲求ですが、残念ながらそのほとんどは自分の思い通りに行きません。思い通りにいかないからそれがストレスとなって心を支配します。
欲求については「自分の思い通りにはならないもの」と理解します。

②怒り

怒りの原因は「相手に求めていることとの乖離」です。先ほど例に出した「なんでこんな簡単なこともできないんだ!」とか「自分はこう考えているのになぜ分からないんだ!」など、相手との乖離によって引き起こされます。しかし自分と相手が別人あるということは、当然自分が一番よく分かっているはず。
怒りについては、「自分と相手は違うのだから、分かり合えなくて当然」と理解します。

③妄想

人間は妄想が大好きです。脳の中では毎日耐えず妄想を繰り返しています。楽しい妄想なら良いと思われがちですが、度が過ぎると現実に絶望してしまうし、「上手くいかなかったらどうしよう」とか「前に失敗したからまた失敗する」といったネガティヴな妄想が心を支配し始めると危険です。当然ながら未来のことは誰にもわかりません。妄想を繰り返していても実生活におけるメリットはありません。
妄想については「自分が勝手に作り出した虚構の世界」と理解します。

ここまでストレスを発生させる3つの大きな原因と、その理解について整理しました。次のステップはこれらの3つの原因の共通点と解決方法についてです。

スポンサーリンク

 

これらはすべて「自分の心の中だけ」で起こっている。

f:id:omg-ox:20160901172851j:plain

欲望、怒り、妄想は実はすべて自分の心(頭)の中だけに存在しています。これらの3つは誰しもが持っている感情です。しかしそれが表に出てしまうと周囲との軋轢が生じ、様々なトラブルを引き起こす火種となります。結果的に自分自身の品性をも下げてしまいかねないマイナス要素となってしまうので、注意が必要です。

そして、自分が大きなストレスを抱えていても社会はそんな事とは無関係にその営みを続けています。「ストレスを抱えて生きる」ということは社会の流れに逆らって生きているということ。これでは心が疲れてしまうことは容易に想像できます。

ストレスとどう向き合うのか

その答えは本のタイトルにもあるように「無駄な反応をしないこと」です。
世の中は何事もなく動き続けているのに、自分だけが心の中に抱えたストレスによって苦痛を強いられている。これはとても非合理的な生き方です。「欲望、怒り、妄想は心の中だけで起こっていることだ」とそれらに反応せずニュートラルな心で過ごすことを意識します。しかし、時には相手のストレスの矛先が自分に向いてくることもある。そんな時でも無駄に反応してはいけません。

外因性のストレスに反応しない

イライラしている相手を見ていると、こっちまでイライラしてくる。こんな経験があると思います。それはまさに相手のイライラに反応して、引っ張られている状態です。しかしその原因を理解していれば「ああ、この人はここが気にくわないんだな」と冷静に受け止めることができますし、そのような相手と口論に発展してしまっては同じ穴のムジナ。無駄なエネルギーを消費して、それが新たなストレスとなってブーメランのように自分に返ってきます。
無駄な闘いは避ける。一番重要なことは自分の心の反応とうまく折り合いをつけドライに生きることです。

人生には苦痛が伴う

残念ながらこれは事実です。しかし悲観することはありません。生きていれば皆が感じることですし、それ以上に楽しいことや喜びもたくさんある。自分の心が生み出している様々な反応。あえて反応しないことで、引き起こされるストレスを理解して回避することで心を楽に生きることができます。

2500年以上前にそのことを悟っていたブッダ

ここまでお話したことは賢者ブッダが悟りを開いて会得した真理です。生きるとは苦しいこと。しかしその苦しみと正面から闘い続ければ、心は疲弊し壊れてしまう。では無駄な反応をせずに合理的に生きよう。というのがブッダの考え方です。これを「原始仏教」といい、最も古い教えのことを指します。その教えは2500年後の現代社会においても色あせることなく、新たな気づきを与えてくれます。

ぼくは宗教に熱心ではないですが、不安や怒りを感じた時にこの本を手にとって読み返すと、スッと心が楽になります。本書で扱うテーマは原始仏教といえども、難しい話は出てきませんし、すごく読みやすいと思います。

この本ではさらに詳しいメソッドや、ブッダが残した逸話などがたくさん紹介されています。先人の智慧に学ぶことは多く、そして今日から実践することができる簡単な方法ばかりです。

ブッダの言うシンプルで合理的な生き方は、ストレス社会に生きるぼくたちに新しい知見をもたらしてくれます。Amazonのレビューからも分かる通り、とても良い本だと思います。お勧めですので気になったらぜひ手に取ってみて下さい。

本エントリーがイライラや辛いことがあって悩みを抱えている人のお役に立てれば幸いです。

 

保存

保存

保存

保存