OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

大タイトル

子タイトル

パパが乳児を寝かしつけるテクニック[わが家の場合]

スポンサーリンク

f:id:omg-ox:20170830235416j:plain

こう見えて一児の父です。わが子は生後9ヶ月。まだまだ小さいです。最近高速ハイハイしたりつかまり立ちしたりとできることが増えてきて人間らしくなってきました。
かわいいですね。

だいたいどこの家庭でも苦労するであろう『寝かしつけ』。昼間に妻と子で外出したりして疲れているときはスッと寝てくれるのですが、毎日そういうわけにもいかず、やはりグズッてなかなか眠れない日があります。わんわん泣いている姿を見るのもかわいそうで一刻も早く何とかしてあげたいわけですよ。

妻も毎日の子育てで疲れているだろうしなるべく休んでもらって、できるだけ自分ひとりで寝かしつけたいのでいろいろなことを試してきました。

その結果、「このパターンいける!」っていうのが確立したので紹介してみたいと思います。
これからパパになるみなさんの参考になれば幸いです。

 

おれにはおっぱいが無ェ。

厳密にはあるのですが、なぜか母乳がでません。加えて我が家は完全母乳。男親は、母親のように「寝かしつけたいからおっぱいを飲ませる」ができないんです。これはかなりのハンデ。じゃあどうしましょう?となるわけですが、最も大事なのは入眠しやすい環境づくりです。

①室温を適切に保つ

大人でもそうですが、やはり夏の夜は暑くて寝苦しいですよね。赤ちゃんも同じです。さらに赤ちゃんは汗かきなので、汗ばんでいるようなら少しエアコンの温度を下げるなどして快適な温度を保ってあげることが大事。体感ですが、大人の設定温度よりも少し低めがいいと思います。

②無理やり寝かそうとしない

自分が眠いからといって、「そろそろ寝てくれないかな・・・」という雰囲気を出すとなぜか察知して(いる気がする)寝つきが悪くなります。あくまで赤ちゃん中心で、寝やすい環境を作ってあげるのが親の仕事。横になってもすぐ起き上がってくるようなら抱っこしてあやします。この時はもう持久戦の覚悟を決めます。

③泣き止まない時は

眠いのに眠れなくて泣く。みたいなことがしばしば起こります。これは機嫌が悪かったり、室温が暑かったりとか色んな理由があると思います。

そんなときはコレで泣きを強制キャンセルすることができます。

財津一郎でおなじみのタケモトピアノのCM。その昔「探偵ナイトスクープ」で子どもが絶対泣き止むと紹介されて話題に。

タケモトピアノ公式HPにもこんなページが

赤ちゃんが泣き止むあのメロディの正体とは・・・?|タケモトピアノ 中古ピアノ買取り/話題のテレビCM!

これはガチです。

うちの子は最後の「ピアノ売ってちょ~だい!(ネコの鳴き声)」のところで必ず笑います。めちゃくちゃかわいいです。

CDも売ってます。

泣いていてはまず寝ませんので機嫌を直してさしあげましょう。

最終兵器“赤ちゃんをダメにするソファ”

赤ちゃん寝かしつけの最終兵器です。無印良品の「人をダメにするソファ」こと体にフィットするソファ。実はこれ、赤ちゃんもダメにします。ベッドで寝ないときはこれに一緒に座って寝かします。

f:id:omg-ox:20170830232507p:plain

出典:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315821907?searchno=25

こんな感じで座り、赤ちゃんを自分の体に密着させる感じで隣に座らせ腕をまわして安定させます。このとき部屋は暗くして寝室と同じ明るさにしておくとベストです。

子守り歌も有効

しばらく座っているとおとなしくなってくるのであとはお腹(頭)トントン+子守り歌のコンボでマットに沈めます。歌は何でも良いです。ぼくはなぜか“七夕さま”を口ずさみます。ボリュームは小さめで。体が密着していますから、歌うと言うよりやさしく振動を伝えるイメージです。

七夕さま - YouTube

ここで寝落ちしないこともありますが、ベッドに横にした瞬間に寝ます。

もし起きてしまったら再度ソファに戻ってやり直しです。

最終関門:ベッドに移動

ソファで眠りについたら最終関門です。ここ結構注意が必要。赤ちゃんの体重はすでにがっつりソファにかかっているので抱きかかえるときにかなり体勢が変わります。最悪目を覚ましてしまうことも。その場合は普通に抱っこして再度寝るまで待つといいです。すっかり寝たのを確認してベッドに。

f:id:omg-ox:20170830234851p:plain

お疲れ様でした!

 

パパでもできることは極力やろう

授乳や日中の世話など、子育てと言う行為自体、どうしても母親に任せないといけない部分が多いので、できる限りのことはやりたいと考えています。まだ言葉も分からない乳児の世話の大部分を一手に行う大変さはなかなか想像つきにくかったりしますから。

仕事で疲れていたり、他にやりたいことがあったとしても、まずは家族の安眠をサポートするのが重要。

家族が寝静まってから書くブログはとても集中して書くことができますよ!

自分も父親になってまだ9ヶ月と育児初心者ですが、これからどんどんできること増やしていきたいですね!これからパパになるみなさん、頑張ってください!