OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

大タイトル

子タイトル

京都の夏の風物詩・祇園祭の写真を撮ってきたので見てください!

f:id:omg-ox:20170713235329j:plain

おばんどす。

京都の夏と言えば祇園祭です。日本三大祭の一つに数えられ、1000年以上の歴史がある由緒正しい日本のお祭り。

雅ですね。

職場の目の前に鉾が建つので、毎年この時期は会社帰りの時間は大混雑。観光客の方々がたくさんいらっしゃいます。せっかくなので仕事帰りに撮影してきましたので紹介します。

夕方とはいえかなり暑いので、お越しの際は熱中症対策を!

祇園祭は前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)の2部構成になっていて、現在は前祭に巡行する山鉾が、界隈の至るところにお目見えしています。細い路地に突如現れたりするので初めてみたときはびっくりしました。

f:id:omg-ox:20170713235258j:plain

f:id:omg-ox:20170713235313j:plain

f:id:omg-ox:20170713235217j:plain

f:id:omg-ox:20170713235324j:plain

山鉾は町ごとの保存会によって管理されていて(だいたい鉾の名前がそのまま町名になっています/長刀鉾町、鶏鉾町、函谷鉾町 etc.)山鉾の周りでは「ちまき」と呼ばれるお守りや、うちわなんかが販売されています。それらを購入すると観光客の方でも実際に鉾の上に上がって見学できたりと、一味変わった楽しみ方もできますよ。

f:id:omg-ox:20170713235213j:plain

f:id:omg-ox:20170713235250j:plain

f:id:omg-ox:20170713235155j:plain

山鉾は「動く美術館」とも呼ばれており、絢爛な装飾が施されています(一部文化財に指定されているものも)

f:id:omg-ox:20170713235224j:plain

龍の意匠がかなりユニーク。体が短く鳥みたい。

f:id:omg-ox:20170713235200j:plain

f:id:omg-ox:20170713235319j:plain

船鉾です。名前の通り船の形をしています。

鉾と山の違い

祇園祭に用いられるのは「鉾(ほこ)」と「山」その違いは、鉾は車輪がついていて人が引っ張る大型のもので、高さは25mにも達します(例外有り)

f:id:omg-ox:20170713235337j:plain

すごく高いです。(大体ビルの5~6階くらいの高さがあり迫力が有ります)

それに対し『山』はお神輿のような感じで人が持ち上げて巡行します。

f:id:omg-ox:20170713235303j:plain

こちらは「山伏山」の上に載る山伏の人形。本番までこうして観光客が見れるように展示されています。

 

提灯のデザインがかっこいい

山鉾本体の素晴らしさもさることながら、各町の提灯のデザインもかっこいいです。山鉾の周辺には提灯が吊るされています。フォント好きにはたまりません。気づけば提灯ばかりバシバシ撮影していました。

f:id:omg-ox:20170713235150j:plain

f:id:omg-ox:20170713235410j:plain

f:id:omg-ox:20170713235254j:plain

f:id:omg-ox:20170713235308j:plain

f:id:omg-ox:20170713235343j:plain

f:id:omg-ox:20170713235402j:plain

f:id:omg-ox:20170713235405j:plain

f:id:omg-ox:20170713235414j:plain

行くならやはり夜がベター

 

f:id:omg-ox:20170713235359j:plain

なんせ真夏の京都です。日中は本当に暑いです・・・全部の山鉾を回ろうと思ったらかなりの距離が有りますので、水分補給とこまめに休憩を挟みながらどうぞ。

写真撮影が主な目的であれば、提灯がともる夕方以降が良いのではないかなと思います。いくぶん涼しいですし、飲食店の前などでは冷たい(ちべたい)ビールなども販売されていますので、一杯やりながらブラブラするのも楽しいです。

先祭のスケジュール

祭りのクライマックスはこれらの山鉾が一堂に会してコースを練り歩く「山鉾巡行」。今年は三連休の最終日、7月17日の9時から開始されます。週末と重なっていることも有り、かなりの人手で賑わうはず。そして前夜祭に当たる「宵山」には沢山の出店が出るのでお祭り感が最高潮に達します。

年に一度のお祭りをぜひ楽しんでみてください。

『後祭編』もアップする予定です!

 

※当エントリーに掲載された画像の無断転載はご遠慮ください。
見つけたらめっちゃ怒ります。