読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

「いらすとや」がどれだけ画期的なのか現役のデザイナーの立場で説明します

ライフスタイル

f:id:omg-ox:20160928192705j:plain

「いらすとや」についてはもはや説明はいりませんね。みなさんも一度くらいは使ったことがあるかと思います。商用フリーのイラスト配布サイトです。

www.irasutoya.com

で、今ちょっと話題になっていることがあります。
「日本が『いらすとや』だらけになってる」というものです。

いつの間にか、日本が「いらすとや」だらけになってる(全文表示) - コラム - Jタウンネット 京都府

そして一部では「単価の安いイラストレーターの仕事を奪いまくってる」「タダが当たり前になってしまうとイラストレーターがいなくなってしまう」といったネガティブな発言もネット上に出てきているそう。

www.j-cast.com

かくいうぼくも、もう数年前からたまに仕事で使わせてもらったりしています。
今回はデザイナーの立場から「いらすとや」のスゴさを説明してみます。

スポンサーリンク

 

なぜすべて無料なのか

すべて無料にしてしまって果たしてメリットはあるのか?という疑問についてですが、これはご存知のとおり、しっかり戦略が練られた上で無料公開されており、「いらすとや」のサイトはれっきとしたビジネスとして成立しています。

サイトにはアドセンスの広告が出ていますので、収益は広告費、そしてLINEのスタンプの売り上げ、高解像度のイラストの販売が主立った所です。

よくあるご質問 | いらすとや

※今改めて確認したら商用利用の場合、20点以上の使用すると有償だそう。ご注意ください!

サイト内で無料で素材を配布することでどんどん利用者が増える、それに伴って広告収入なども増加して行くという仕組み。しかし、ぼくもブログを始めてみて思うのですが、多くのPVを集めることは簡単なことではありません。

商用利用OKのスゴさ

いらすとやのスゴさは、まず商用利用がOKであるという点。実際に仕事で何度かイラストを使用させて頂いたこともあります。

著作権に関する細かい説明は省略しますが、我々デザイナーはイラストなどの素材確保も仕事をする上でとても大切です。もちろん有料のサイトから購入したり、プロのイラストレーターに発注をしたりといったこともありますが、特に予算の少ないクライアントの場合はそれも厳しい場合が多いです。

そんな時に商用フリーで使用できるというのは大変ありがたいものなんです。上記の記事では「自治体はもはや常連」と書かれていましたが、自治体は潤沢な広告予算はありませんし、お金の使い方にも非常にシビアです。公の機関ですから当然です。そこで無料で利用できるというのはこれ以上にないメリットです。

圧倒的物量

そして圧倒的な素材の数です。同じようなサイトを作ろうにも、ちょっとやそっとでは追いつけないほど大量のイラストがすでにストックされており、しばらくライバルサイトの出現におびえる心配はなさそうです。

あと、使う側からすると同じタッチで素材が揃うという点もポイントが高いです。いらすとや登場前にもフリー素材のサイトはあるにはありましたが、イラストを何ヶ所ものサイトから集めるため、テイストが全く揃わないということがよく起こりました。

「これ誰が使うの?」といったイラストまである。

ネットで話題になったニュース等をすぐさま素材にして公開してしまうフットワークの軽さから、たびたび話題に上がります。ここまで有名なサイトになると注目度も非常に高いですし、面白いイラストがアップされると、それだけではてなブックマークに上がって来たりしますよね。話題になることでさらに利用者も増える。その結果、収益の増加に繋がるという訳ですね。

 

 

あの、ここまでは前フリなんです。すいません。

そんなことより“いらすとや以前”のフリー素材を見てくれる?

「いらすとや」がなぜここまでフリー素材界で大きなシェアを取れたのか。その答えは一言でライバルが居なかったということです。商用フリーのイラストサイトは実はかなりのブルーオーシャンです。ここで「いらすとや」登場以前の商用フリー・無料素材界の雄「クリップアートファクトリー」の素材をご覧いただきたいと思います。

www.printout.jp

スポンサーリンク

 



f:id:omg-ox:20160928190903j:plain

 

f:id:omg-ox:20160928190907j:plain

f:id:omg-ox:20160928190908j:plain

f:id:omg-ox:20160928190909j:plain

f:id:omg-ox:20160928190910j:plain

f:id:omg-ox:20160928190912j:plain

f:id:omg-ox:20160928190914j:plain

 

f:id:omg-ox:20160928190916j:plain

f:id:omg-ox:20160929120451j:plain

f:id:omg-ox:20160929120456j:plain

f:id:omg-ox:20160928190917j:plain

f:id:omg-ox:20160928190918j:plain

f:id:omg-ox:20160929120442j:plain

f:id:omg-ox:20160928190919j:plain

f:id:omg-ox:20160929120429j:plain

 

f:id:omg-ox:20160928190921j:plain

クセがすごいwww

今日はコレが言いたかっただけです!

しかもアノRICOHが運営しています!もっと頑張ってと言いたいw
商用OKとはいえ、このクオリティはなかなかスゴくないですか?使うのにかなり躊躇してしまいまいますw

 

パソコンクッソデカいw

f:id:omg-ox:20160928190915j:plain

 

中には普通に使えそうなのもあるのですが、やはりいらすとやと比べてしまうと、現在の「いらすとやだらけ」の現状は必然とも言えそうですね。

でも、たまにはクリップアートファクトリーの素材も使ってあげて下さいね。

 

f:id:omg-ox:20160928190920j:plain

 

また、最初に無料で公開し、その後マネタイズしていくという手法は「フリーミアム」と呼ばれています。「いらすとや」のビジネス戦略はまさにフリーミアムと呼べると思います。こうした無料から始まるビジネスは今後も大きな可能性を秘めているといえます。イラスト素材に限って言えば、いらすとやとは異なるテイストの素材を無料公開すればまだまだビジネスチャンスはあるでしょう。

それでは今回はこのへんで。
さようなら。

 

【続きを書いたよ】

www.omg-ox.org