読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OMGmag

デザイン、アート etc...センスでご飯を食べてるblog

ブログはポートフォリオ ~初心者ブロガーの生存戦略~

f:id:omg-ox:20160821042227j:plain

当ブログ「OMGmag」で最初の記事を書き始めて約2ヶ月が経ちました。今回はこれまでを少し振り返って今後の方向性などを明確にしてみたいと思います。これからブログを始める方には参考になるかもしれません。

ブログ開設の動機

元々は、仕事の空き時間に「はてなブックマーク」をよく読んでいたことが始まりでした。示唆に富み新たな気づきを与えてくれる記事からくだらなくて笑える話まで、ブログというフォーマットはほんとに多種多様で、読んでいててすごくおもしろいなーと思っていた一人の読者でした。そんな中、自分もブログを書いてみたいと思わせる最大の動機はやはり「広告収入を得られる」という部分。結婚してからと言うもの、《おこづい制》という鉄のオキテが敷かれているわが家においては、いかにして副収入を得るか、と言うのは常に頭を悩ませる問題です。なんとか唯一の楽しみである、第三のビールを発泡酒に、できたらホントのビールを。そんなサラリーマンのささやかな野望がパンパンに詰まったブログなのです実は。

センスを武器にする

では、何のテーマについて書くか。という問題です。生き馬の目を抜く群雄割拠のブロガー戦国時代の現在では、「よーし!ワイもおもしろいコト書いて、ひと山当てたるワイ!」と息巻いたところで、自分よりもおもしろい文章をまるで呼吸をするように、ナチュラルに書ける人はごまんと居ます。

「これは勝てない...」そんな想いを抱くまでにそう時間はかかりませんでした。そしてその想いを決定付けたのがこの人です。

kokounobonjin.hatenablog.com

そう「おろポン土方」です。

孤高の凡人さんは普通の人が逆立ちしても書けないような文章をナチュラルにお書きになる。「どこが凡人やねん」とツッコミを入れながら、読み手は彼の術中にまんまとハマり【読者になるボタン】をモーレツPUSHするのです。こういう人と同じ土俵で戦ってはいけない。ぼくの防衛本能がウーウーとサイレンを鳴らしていました。ぼくはこのとき悟りました。「ブログは生存競争」なのだと。

狙ってもおもしろい事が書けない人間が、ナチュラルにおもしろい文章を書く人間と渡り合えるはずはありません。ではどうやって生存競争を戦うのか?

自分のセンス(感性)で勝負しよう、誰にも再現できない記事を書こうと思いました。ポケモンや水素水、シン・ゴジラVS吉田沙保里の記事はだめです。そうして生まれたのが「むずかしい説明は要らないアート」シリーズです。

www.omg-ox.org
このシリーズは、自分が良いと思ったアートを有名無名問わず紹介していくというコンセプトで始めたものです。

このシリーズのメリット

  1. 自分のセンスで好きな作家を紹介するので再現性がない(マネされない)
  2. 好きな分野なので継続が容易
  3. 作家本人に許可を得て掲載するので記事の信頼度が増す(無断掲載の後ろめたさがない)
  4. 作家とのつながりは後の資産(新たな記事作成の足がかり)になる
  5. ネタ切れが無く無限に続けられる

ということなどが挙げられます“常に自分のセンスを記事にする”というポイントに絞って執筆しています。そして大好きな分野なので、楽しみながらという部分が非常に大きいです。

デザイナーとしてのポートフォリオ

もうひとつの動機です。ぼくはデザインを生業としています。モノを作る仕事です。しかし、本業での成果物は世の中に残りますが、自分のスキルや考えていることを身近にアウトプットする場所が必要でした。

このブログはまさにぼくのポートフォリオです。覚えた技術、作ったもの、自分の感性・価値観・センスを一箇所に集める場所という意味合いも含まれています。しかし、もちろんブログですから、読み手あってのもの。コンテンツファーストを第一に考えています。

どのようにして作品やスキルを『読み手目線』でアウトプットするか

その答えは、物事のハードルを下げて【誰でも楽しめるモノ】に改変するのが一番手っ取り早いと考えました。そうして生まれたのが「大阪のおっさんが教えるAdobe Photoshop」シリーズです。

www.omg-ox.org

よくあるPhotoshopのチュートリアル記事なのですが、固く真面目な文章は初心者にとって、やはりとっつきにくいです。これからPhotoshopを勉強しようと思う人にも興味を持ってもらいやすいものにする必要があります。これはぼくの考え方なのですが、デザイン業界はものごとをいちいち難しい言葉を使って難解にしているフシがあります。

専門用語なんかはあとから自然と覚えて行くものですし、興味があって初歩を学ぶフェーズにおいては全く不要です。ネットでやり方を調べても専門用語が並んでいたら初心者の学びたい気持ちを削いでしまう。

以上を踏まえて、思い切り振り切った「大阪のおっさん」という強めのキャラクターでチュートリアル記事を書いていくことにしました。

コンセプト
  1. ふざけた口調で割とクオリティの高いモノを作るおっさん
  2. 初心者にもわかりやすい言葉で説明する
  3. 流行り廃りではなく、ずっと使えるテクニックを解説

そのキャラクターゆえ、好き嫌いは分かれるところだとは思いますが、紹介しているテクニックはどれもスグ使えて効果的なものばかりですので、おもしろがってもらえればそれでいいかなと思っています。そして上記のアート記事同様、ネタ切れに困る心配は全くありません。

上記の記事はお盆の連休と重なったこともあってか、100以上のブクマが付き、たくさんの方の目に触れることとなりました。それまでほとんどPVがなかったのでやはり嬉しかったです。読者登録もたくさんしていただきました。

もう一つ学んだことは「PVは麻薬」だということ。一度100もブクマが付くともっともっと欲しくなる。しかしその後虚ろな目をして、二匹目のどじょうを狙うも、思いっきり不発で、PVは平常運転時に逆戻りしたことを、ここにお伝えしておきます。

思い通りにはならないブログの難しさも痛感しました。

さいごに

このブログの大きなコンセプトとして、「難しい事の敷居を下げる」というテーマがあります。ぼくが記事を書くときにいつも心がけていることです。アート・芸術の分野も、デザイン理論やソフトのオペレーションの分野もなんだか難しくてとっつきにくいんです。でも本来は興味があればすぐに足を踏み入れることができることが理想です。

学びたい気持ちや、興味があって挑戦してみたい気持ち。そんな人の本能的な欲求に対してハードルをめちゃめちゃ下げる。そんなブログをこれからも書いていきたいと思います。


◎おろポン土方先生の一日も早い復帰を心よりお待ちもうしあげております。